ニュース 7/9 からの Twilio Video Recordings と Compositions の TTL 短縮について

2019.06.13

平素よりTwilioをご利用いただきありがとうございます。

Twilio Video Recordings と Compositions の TTL 短縮についてご案内いたします。

対象

Twilio Video Recordings と Compositions をご利用のお客様

概要

2019年7月9日(PDT:太平洋夏時間)/2019年7月10日(JST:日本時間)にセキュリティ向上のために Twilio Video Recordings と Compositions の一時的に生成されるメディアの TTL ( Time to Live ) を短縮いたします。

内容

初期値が 604800 秒(7日間)から 600 秒(10分)に変更されます。TTLは個別にAPIから変更ができますが、特に変更を行わない場合の初期値が 600秒に短縮される、というものです。

現在

Twilio Video Recordings と Video Compositions の TTL のデフォルトは 3600 秒(1時間)です。また、最大 604800 秒(7日間)が指定可能です。

今後

メディアの保護のためにTTLのデフォルトは600秒(10分)に変更されます。 また、指定可能な最大値が 3600 秒(1時間)になります。この変更の適用は 2019/7/9 からとなります。

影響

以下のいずれかに該当するお客様はこの変更に伴う影響が予測されます。予めアプリケーション仕様をご確認の上、上記日程までに対応をお願いいたします。

 

・メディア取得用URLのTTLを特に指定せず(初期値のまま)アプリケーション実装しており、当該メディアに600秒後以降にアクセスする必要がある方

・メディア取得用URLのデフォルトTTL値に3600秒を超えるTTLを指定したアプリケーション実装をしている方

 

いずれの場合も、当該変更にともなう最大のTTL以内に変更する必要がございます。

TTLを超えたメディアはFetch APIを利用して取得をお願いいたします。

https://jp.twilio.com/docs/video/api/recordings-resource

https://jp.twilio.com/docs/video/api/compositions-resource

 

以上の変更に影響を受ける場合は 2019/7/9 以前までにお手数ではありますが変更をよろしくお願いいたします。

この記事をシェア


すべての記事へ