Twilioブログ

Twilio Notify が正式リリース(GA)になりました

これまでBetaリリースであった Twilio Notify が正式リリース(Generally Available)となりました。Notify は、プッシュ・SMS・Facebookメッセージを介してユーザーへ通知を送るAPIです。このように希望するチャネルへメッセージを送ることにより、ユーザーは重要な情報を追跡しやすくなります。

Beta期間を通じて

2017年4月 に Notify を Beta版としてリリースしてから、様々なシーンで革新的にご活用頂く事例がありました。FallSafety の職場安全管理アプリでは、従業員の電話機に内蔵されている加速度センサーから、高所より落下したことを検知し、Notify を介して緊急連絡先に通知を出します。Texas Department of Transportation の事例では、Notify を使ったSMS通知を介して、タイミングでドライバーへ道路の通行止め・事故・工事 の情報を通知、大幅な遅延を回避することに役立てています。

このBeta期間を通じ、私たちは Notifyを使ってみなさんがどのような通知フローを作りたいのかよく理解できました。また、みなさんのフィードバックが、このAPIをより良いものにするために大いに助けとなりました。その結果、Beta期間中に以下の機能追加を行うことができました:

Passthrough API を発表、大きなグループに対する通知を簡素化。リスト内のユーザーへ通知を出すためのループ処理を書く代わりに、1 APIリクエストで最大10,000ユーザーへプッシュ・SMS・Facebookメッセージ通知を出すことが可能に。

・APNs向け新メッセージフォーマット を発表、Safari へのプッシュ通知が簡単に。APNsフォーマットで Title属性を利用。

・新しいバインドを作成時のエンドポイントID生成を自動化

Production Ready

Twilio Notify が正式リリースとなったことにより、サポートについても正式に行われます。Twilio製品は、正式リリースまでに、厳しい品質チェックを経るとともに、高い信頼性要件を満たすことが求められます。Beta期間中、Notifyは大規模な回復テストを受け、障害点の特定と解決、セキュリティ・アーキテクチャ・運用プロセスに対する監査を受けました。

Notify を使って、みなさんのユーザーが希望するチャネル宛に通知・アラートを送るロジックを構築してみましょう。特に重要な通知においてはPassthrough API を使い、最大 10,000ユーザーを含むリストへ一度に通知を出すことができます。AirBnB, Netflix, Uber が構築したアプリケーションも、みなさんが構築したアプリケーションも、同じくTwilioの高信頼性プラットフォームがカバーしています。

はじめましょう!

Notify でアプリを構築するには、まず 無料のTwilioアカウントを作りましょう。そして、以下の各クイックスタートドキュメントを参照するか、Notifyを使ったモバイル宛プッシュ通知についての詳細記事を参照してください。Notify REST API についてのドキュメントは →こちら です。

SMS通知を送る
iOSプッシュ通知
Androidプッシュ通知
Facebookメッセージ