Smart Communication Award 2018 レポート Vol.5

 

DOer とは、「DO=実行する人」、「er=人」を意味し、Twilioを活用して業績を残した開発者に与えれる称号のこと。DOerに選ばれた開発者は、毎年アメリカで行われるTwilio最大のカンファレンス「SIGNAL」にて発表され、その功績を称えられます。
独自性、社会貢献性、完成度などを選考基準としており、過去にはSmart Communication Award 2015で最優秀賞とほか3賞を受賞した「自動電話リレーサービス(ATRS)」の開発者・Twilioエバンジェリスト高橋が、日本人で唯一のDOerに選ばれました。

 

そして、今回のSmart Communication Award 2018 では、この名誉あるDOerの日本予選を開催!最優秀賞を受賞したサービスは、KDDIウェブコミュニケーションズが今年のDOerに推薦、10月17日・18日にサンフランシスコで行われるSIGNALにご招待、というなんとも太っ腹な企画です。

 

それではさっそく、最終選考に残った5つのアイデアをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

① 「ECTI」 株式会社マッシュアップソリューションズ様
公開アイデアソンにもご応募いただいたマッシュアップソリューションズ様。「ECTI」とはEasyなCTIという意味だそうで、SalesforceとTwilioとの連携によりコールセンターの仕組みをなるべく早く、なるべく安く提供するサービスをご提案いただきました。100席前後までを想定し、導入しやすさを重視しているとのことですが、統計レポート、通話履歴、IVR、稼働状況のモニタリング、ステータス・エージェント管理など基本的機能は十分そろったサービスとなっています。
ブラウザ上で電話の受発信、SMS送信が可能で、始めやすい料金設定、短期間のみの利用OKといった点もポイントです。

 

 

 

 

 

 

② 「LITALICO発達ナビ」 株式会社LITALICO様
二組目は、株式会社LITALICO様の提案する「LITALICO発達ナビ」!
LITALICO発達ナビは、発達が気になる子どもの親向けポータルサイトです。気軽に質問、相談ができるQ&Aコーナーやコラムといったコンテンツが充実していると同時に、支援施設と子どもとの出会いを創出するための場にもなっています。施設側はLITALICO発達ナビ上に施設の基礎情報や支援プログラムなどの詳細情報を記載するページを持つことが可能。施設ごとの問い合わせ番号にTwilioの050番号が割り振られています。
今後はお子さんと施設をつなげるためのロボットソーシャルワーカーの実現や、地方に住んでいて近くに施設がないというご家庭と専門家をオンラインでつなぐためのサービスを考案中、とのことでした。

 

 

 

 

 

 

③ 「にんしんSOS東京」 一般社団法人にんしんSOS東京 八木都志郎氏
一般社団法人にんしんSOS東京は、もともと助産師さんがボランティアで設立した団体で、思わぬ妊娠に困っている方のための相談窓口として妊婦さんの支援を行っています。以前は相談員さんごとにスマートフォンを契約していたところに、八木氏がTwilioでコンタクトセンターを構築して寄贈。ブラウザ上で電話相談できるようになっただけでなく、外部サービスと連携させることでスタッフの勤怠管理、相談者管理、カルテの作成、留守録といった機能が利用可能になりました。手動管理が少なくなったことでスタッフの負担が減り、情報が記憶からデータとして残るように。また、専用のアプリやブラウザから直接発信できるウェブサイトを用意することで、電話が止められている、または電話を持っていない妊婦さんでもネットカフェなどから相談できるようになりました。
今後はLINEへの対応を考えているとのことで、同時に通話データをテキスト化して全文検索を強化しようという構想もあるとのことでした。

 

 

 

 

 

 

④ 「レスQセンターネットワーク」 株式会社アービンズ様
レスQセンターネットワークは、賃貸入居者のお困りごとを一括管理するシステムです。アプリを通じて寄せられたお困りごとを内容で振り分け、適切なフローで処理することで解決のスピードアップを実現します。
近年、特に問題となっている孤独死。これは「相談できる人がいない」という状況が原因になっている場合も多く、レスQセンターネットワークはそんな人たちの受け皿になることができます。
サービス内容が多岐に渡るので、イベント当日ではチャット機能についてご紹介いただきました。チャットなら、電話で相談しにくいようなことも気軽に相談でき、基本的にはAIによる自動応答、場合によっては人によるサポートへの切り替えが可能とのことです。

 

 

 

 

 

 

⑤ 「見守るくんシステム」 レバレジーズ株式会社様
見守るくんは、超高齢社会を見据えた在宅要介護者を対象とした低コスト監視システム。今後高まる在宅介護の需要に対応し、介護に携わるすべての人たちの負担を減らすため、介護施設への緊急通報をTwilioで実現します。
自宅で介護を受けている人は、見守るくんをインストールしたスマートウォッチを着用し、緊急時に呼びかけで見守るくんを起動、介護施設へ連絡を行います。万が一、施設側で通報を受けることができなかったとしても、TaskRouterで次の施設に自動転送されるので安心です。
今後は、加速度センサーによって転倒を感知し、自動通報する仕組みや、心拍計によって心拍異常を検知、自動通報する仕組みなどを検討中とのことでした。

 

 

 

 

 

 

以上、5つの素晴らしいアイデアが出そろいました。
果たして、SIGNAL行きのチケットを獲得するのは誰でしょうか………?

 

 

 

さっそく受賞作品を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

まずは、今回ご協賛いただいたKDDI∞Labo様より、KDDI∞Labo賞の発表がありました。

 

KDDI∞Labo賞を獲得したのは………

 

 

 

にんしんSOS東京様 / 八木都志郎氏!
副賞として、KDDI∞Labo様が主催するイベントにご招待いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、同じくご協賛いただいた平和不動産株式会社様からの発表です。

 

平和不動産賞を受賞したのは………

 

 

 

「レスQセンターネットワーク」 株式会社アービンズ様!
受賞者の方には、平和不動産株式会社様が運営するCAFE SALVADOR BUSINESS SALONの2か月利用権が贈られました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞は、KDDIウェブコミュニケーションズ カタチ想造事業本部 本部長の東から発表がありました。

 

優秀賞を受賞したのは………

 

 

 

「見守るくんシステム」レバレジーズ株式会社様!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ最優秀賞です。発表はTwilio Inc.のGeorge Huから!

 

 

 

厳正なる審査の結果、見事SIGNAL行きのチケットを獲得したのは………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「にんしんSOS東京」一般社団法人にんしんSOS東京様 / 八木都志郎氏!!!!

 

 

 

一般社団法人にんしんSOS東京様 / 八木氏は、KDDI∞Labo賞とのダブル受賞となりました。
評価された点はやはり社会貢献性。そして、収益システムを考え、単発のボランティアではなく持続可能な支援を可能にした、という点でした。
最優秀賞受賞者にはSIGNALチケット以外にも賞金20万円とTwilioポイント20万円分、そして副賞としてAWS賞が贈られました。景品はなんとAmazon Echo!ご協賛いただいたAWS様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

改めまして、最優秀賞受賞のおめでとうございます!
また、ご応募いただきました皆さま、ご協賛いただいた企業様、本当にありがとうございました。
DOer JAPANがSCA最後のコンテンツだったため、イベントはこれにて閉幕。
ご登壇いただきました皆様も、本当にありがとうございました。

 

今年のSCAで刺激を受けた!Twilioを活用したこんなアイデアが浮かんだ!という方がいれば、ぜひとも来年のSCAにご応募ください。ご来場いただき、誠にありがとうございました。
また来年、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

 

 

イベントレポートVol.4は、近日中に公開予定です。公開アイデアソンを見逃してしまった方、もう少々お待ちください!

 

▽Vol.1~3の記事はコチラ▽
Vol.1 キーノートスピーチ https://twilio.kddi-web.com/magazine/2455/
Vol.2 テクニカルセッション https://twilio.kddi-web.com/magazine/2478/
Vol.3 ビジネスセッション https://twilio.kddi-web.com/magazine/2589/

 

 

 

 

この記事をシェア


すべての記事へ

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.3

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.5

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.2

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.1

Event

kintone × Twilioをテーマにしたセミナーを開催しました!

Event

TwilioビジネスセミナーVol.52″デジタルテクノロジーを活用した営業活動の効率化と認証サービス活用事例”