TwilioビジネスセミナーVol.52″デジタルテクノロジーを活用した営業活動の効率化と認証サービス活用事例”

こんにちは!

気候が穏やかになり、過ごしやすくなりましたね。

7月19日に開催されたTwilioビジネスセミナーVol.52のレポートです。

今回のテーマは「認証とマーケティング」いうことで、TwilioがCTIとして導入されているCRMツールのご紹介、そしてTwilioを用いた認証機能についてご紹介いただきました。
それぞれTwilioの話だけにとどまらず、「データマージがマーケティングについてどれほど重要なのか」、そして「認証機能にはどのようなメリットがあるのか」など、各サービスを導入するにあたっての具体的な効果などもお話しいただきました。

 

アジェンダはこちら!
  • Twilio.Inc Developer Evangelist, Manager Marcos Placona 「Twilioのご紹介
  • 株式会社インターパーク 東京事業本部第2ユニット マネージャー 倉本 明仁 様 「優良見込みだけを攻める!データマージから見えてくるインサイドセールス攻略
  • 株式会社オスティアリーズ 取締役 廣川 聡敏 様「事例から紐解く重複アカウントによる弊害と対策としての着信認証

【Twilio.Inc】Twilioのご紹介

 

今回はロンドンを拠点としている、エバンジェリストマネージャーであるMarcos Placonaが来日してTwilioのデモや、海外事例をご紹介しました。通訳は弊社の内藤が務めました。

DEMO

 

 

デモを通じてTwilioのことを見て、知る機会です。

音楽が流れる、会場にいる人と電話会議!

 

今回のデモでは、Twilioが公言している「数行のコードで簡単に構築」という部分を体現するように、Marcosが目の前でデモを作成、実行しました。

何もない状態から、ほんの数分でコーディングをして、電話番号に架電をすると、なんと音楽が流れました。

その後はTwilioのカンファレンス機能を作成し、電話を掛けた電話番号でグループ会議ができる環境を構築しました。

何とこのデモに掛かった時間は20分ほど。Twilioなら、20分あれば電話番号に掛けて、音楽を流し、その架電を行った電話番号を対象にグループ会議を行うことが可能です。

海外事例

今回紹介された海外事例は以下の5つ。

 

●COCA-COLA Enterprisesの事例

コカコーラ社の自動販売機にはTwilioのSMS機能でのアラーム機能が装備されており、故障した際などにTwilioのSMSで担当者にいち早く連絡を行います。

原文(英語)のページを見る

●twitchの事例

100万人が利用するオンラインサービスの、アカウント認証のためにTwilioの二要素認証が使用されています。

原文(英語)のページを見る

●smarterkeyの事例

SMSの送信でドアが開閉する仕組みをTwilioで実現しました。

原文(英語)のページを見る

●UBERの事例

運転手と乗車する人が安全にコミュニケーションを行うための匿名通話の仕組みをTwilioでご提供しています。

原文(英語)のページを見る

 

海外でも多くのユーザーに様々な方法で使用されているTwilio。

海外事例が気になる方はぜひ本国のサイトを見てくださいね。

 

【株式会社インターパーク様】優良見込みだけを攻める!データマージから見えてくるインサイドセールス攻略

 

株式会社インターパーク東京事業本部第2ユニット マネージャー 倉本様からインサイドセールスを効果的に行う為にCRMツールをどのように運用するべきかについてお話しいただきました。

株式会社インターパークが作成している、クラウドサービス「サスケ」では、データマージを効果的に行い、個人に紐づけた情報を蓄積することで、リードナーチャリングを効果的に行うための機能が揃っています。クラウドサービス「サスケ」では、TwilioはCTIとして用いられています。

リードナーチャリングを正しく行うメリットとは

 

米Sirius Decision(シリウス ディシジョンズ)の調査によれば、積極的な購買意欲がみられないためにフォローを止めてしまったリードのうち、8割は2年以内に競合企業から他商品を購入しているとのことです。(株式会社インターパーク様資料より)

つまり、リードのリストや情報を活用できていないと、商材に興味を持っても、異なるサービスへと移行してしまうのです。

このような事態を防ぐ為に、CRMツールである「サスケ」を活用してみるのはいかがでしょう。

 

ここがすごい。「サスケ」活用のポイント

データを「人」にひもづけて追うことによって、個人に沿ったアプローチを行うことが可能です。

「サスケ」では、オンライン・オフラインの動向を統合して管理を行う機能があり、その際に接触したツール(メールなのか、展示会なのか)なども記録しておくことができるため、最適なタイミングと方法で情報提供を行うことが可能です。また、情報を一元化することでいつ、どのような手段でアプローチを行うべきかの指針にもなり、リードに最適なタイミング、ツールでアプローチを行うことができます

導入事例紹介

・都築電気株式会社様 「手間がほとんどなくなった」

営業活動において、今まではリード管理・活動履歴管理を手作業で一元化していました。しかし、リード管理を自動的に集約できる「サスケ」の導入により作業時間が大幅に削減され、業務効率化に大いに貢献したとのことです。

 

・株式会社HRインスティチュート様「イベントで集客した見込み客と名刺を一元管理」

今までは名刺管理システムのDBが担当者毎に独立していたので名刺の重複が発生し、リード管理がうまくいっていなかったそうです。しかし、サスケのデータマージ機能を使用して、人力での作業がなく、自動的にDBの重複をなくすことが実現できました。

効率よくマーケティング活動を行うために、潜在顧客を可視化、効果的なアプローチを行うことで、今まで逃していた顧客を創造していくことが大変重要です。「サスケ」を活用して、リードを育てるという行為を時間をかけず効率的にマーケティング活動を行いませんか。

ご登壇の資料はこちらから

「サスケ」についてもっと詳しく知る

【株式会社オスティアリーズ様】
事例から紐解く重複アカウントによる弊害と対策としての着信認証

株式会社オスティアリーズ 取締役 廣川様からは「事例から紐解く重複アカウントによる弊害と対策としての着信認証」と題してTwilioを用いた認証機能についてのご紹介がございました。

 

実は、このサービスは2014年のSmart Communication Awardにて受賞されている、Twilioを活用した画期的なサービスなんです。詳しくは以下にてご説明しております。

着信認証の利点とは

サイトなどのログイン時や登録時に登録したメールアドレスや電話番号宛に送信されたSMSやメールを受け取ったことって誰しもがありますよね。それを電話番号で行えるサービスを提供しているのが、株式会社オスティアリーズ様の「着信認証」です。この認証機能の裏側では、050番号が使われるなど、Twilioが活用されています。

メールとは異なり、電話番号という個人によっての取得数が限られるものを認証のトリガーとすることで、より精度の高いセキュリティーを担保するサービスです。また、他にも電話番号を使用しているという点で、携帯電話を持っていない人でも認証機能を使用することができるといった利点があります。

導入テストの結果を見てみると・・・

A/Bテストの結果表を見てもお分かりの通り、安全性の向上以外にも、認証機能を効果的に導入するとユーザーの登録率は下がりますが、アクティブユーザー率は25%アップします。そして、多重登録防止による良質なユーザーの増加によりサイト内の費用対効果が効率的に働き、プロモーションなどの施策が成功しやすくなるといった効果があります。

「着信認証」が使用されている場面とは

どの様な場面でTwilioが使用されているのか、事例紹介と改善したポイントをご紹介いただきました。

 

・地方銀行ネットバンク

ネットバンクの利用者認証において使用されています。

アプリケーション使用時の本人確認時に使用することで、なりすましによる不正利用の防止、ネットバンキング利用時の認証STEP数削減を実現しました。個人情報の取り扱いが非常にシビアな金融機関において、複数取得が難しい電話番号を認証機能として組み込むことで、なりすまし防止などにおいて高度なセキュリティーを担保しています。

 

・大手決済代行企業・EC事業者

決済時におけるチャージバックの抑制に利用されています。換金性が高い商材やチケットを含むデジタルコンテンツなどの不正購入や多重購入の防止に役立っています。

(チャージバックとは、本人以外による不正なカード決済等により、ECサイトへの支払がクレジットカード会社から取り消させる事。)

他にも様々な業界で使用されている着信認証、詳しくはご登壇の資料にございますので、ぜひご一読ください。

着信認証についてもっと詳しく知りたい場合はこちらへ

Twilioの着信認証のページを見たい場合はこちらへ

次回のTwilioビジネスセミナー開催は8月23日です。

タイトルは「kintoneとTwilioで実現する新しいコミュニケーションのカタチ」です。

会場にて皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

今後の予定

9/6【ノンコーディング開発体験】ビジュアルアプリケーションビルダ「Twilio Studio」を使ったコミュニケーションワークフロー構築ワークショップ

https://twiliomeetup.doorkeeper.jp/events/78663

9/21Smart Communication Award 2018 Engage~Twilioで作るこれからのコミュニケーションの在り方~

https://www.smartcommunicationaward.com/

皆様のご参加をお待ちしております。

この記事をシェア


すべての記事へ

Event

TwilioビジネスセミナーVol.54 SIGNAL報告会

Event

SIGANL Day2での発表事項振り返り

Event

SIGANL Day1での発表事項振り返り

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.3

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.5

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.2