重大発表あり、笑いあり!Twilio日本上陸祝5周年記念イベント

2018年4月17日でTwilioが日本でサービス提供を開始して5年を迎えました。そんな節目に日頃Twilioをご活用いただいているユーザ様への感謝の意を込めて5周年記念イベントを行いましたので、遅くなりましたが本日レポートをお届けします。
コンテンツ

  • Twilioの5年間の軌跡と今後について
  • Twilioグローバルの顧客エンゲージメント
  • Twilioのプロダクトロードマップ&重大発表
  • コミュニティ再始動の宣言
  • 目指せTwiiloマスター!Twilioクイズ
  • 閉会のごあいさつ

Twilioの5年間の軌跡と今後について

まずは、今回の司会でもあるTwilioエバンジェリストの高橋から「みなさん、こんばんわー」の掛け声と共に、イベントがスタートしました。
s_IMG_2006 (2).JPG
続いて、セールス&マーケティンググループのマネージャーの青木より、Twilioが日本に上陸してから5年の間の軌跡についてお話ししました。
IMG_2033.JPG

日本での歴史は、前任でもある小出がTwilioの持つ魅力や可能性を感じ、米国本社に日本でのサービス展開を打診したところから始まりました。そして度重なる交渉の末、晴れて2013年4月17日に日本でのサービス提供を開始し、>現在に至ります。
この5年間、日本独自の施策として、新たなイノベーションやアイデアが生まれるハッカソン、アイデアソン、ビジネスコンテストといったイベントを開催したり、ビジネスセミナーを毎月開催したり、最近ではTwilio Loungeといったゆるいイベントなども開催しています。

Smart Communication Award 2018、開催決定!

毎年開催しているSmart Communication Awardについては、今年は9月21日(金)に開催されることも発表されました。場所は、丸の内にあるJPタワーです。みなさま、ぜひ今から予定を空けておいてくださいね。

Twilioグローバルの顧客エンゲージメント

続いて、米国Twilio社から来日したAngie Bell(Senior Director of APAC)から、Twilioが実現する顧客エンゲージメントについての講演です。
IMG_2058.JPG

顧客エンゲージメントとは?

顧客エンゲージメントとは、企業と顧客との関係性です。現在、企業にとって顧客とコミュニケーションする方法は、実に多様化しています。例えば、リアルタイムのアラートや通知、企業における従業員のBYOD、次世代のコンタクトセンター、デジタルマーケティング、AIボットなどなど。テクノロジーが人と人とを繋ぐ中で、企業と顧客はどのような関係を築いていけばよいのでしょうか。

講演の中では、「顧客エンゲージメント」が難しい理由を、モルガン・スタンレー社を例にとってご紹介しました。モルガン・スタンレー社のようなグローバルで先進的企業では、すでに企業と投資家がグローバルにコミュニケーションをするプラットフォームとしてTwilio使っています。

その一方で、先進的な取り組みを始めた企業の中でも「従来の」テクノロジーに戻ってしまうケースも少なくありません。そんな従来のテクノロジーをAPIで置き換えることができないかというのがTwilioの思想です。Twilioは、「完全な」クラウド型のコミュニケーションプラットフォームです。

twilio_angie_keynote.JPG

企業の顧客とのコミュニケーションは多くの場合、営業、マーケティング、実務、サポートなど様々なサイクルに分かれています。それぞれの立場に立って、顧客にとって最適なコミュニケーションとは何なのか、顧客がどのようなことを求めているのかをデザインすることが、すなわち顧客エンゲージメントです。そして、顧客が求めるコミュニケーションに迅速に対応できるのがTwilioであると説明しました。

IMG_2078.JPG

Twilioのプロダクトロードマップ&重大発表

Angieに続いて、Patrick Malatack (VP of Product and GM of Messaging)より、Twilioが今後どのようにサービス展開をしていくのかというプロダクトのロードマップが発表されました。

IMG_2088.JPG

コミュニケーションチャネルの多様化

コミュニケーションのチャネルは、誰とコミュニケーションするかによって違ってくる、とPatrickは言います。例えば、家族とビデオ通話をしたいときはFaceTimeを使ったり、親しい友達とやりとりをしたいときはSnapChatでやりとりをしたり、インスタ映えする写真をみんなに自慢したくなったときはInstagramを使いますよね。それぞれが使うチャネルが違う中で、1つのメッセージングサービスからコミュニケーションすることができるようになれば、コミュニケーションは非常に便利になります。

Patrickは、"I care about you"(それぞれに最適なカタチでのコミュニケーションを行うことは、相手のことを考えているという思いやりだ)と説明しています。
Twilioには、相手が異なるメッセージングサービスを使っていても、単一のAPIで操作が可能なChannelsという機能があります。[Channelsとは?]

このChannelsという機能に、このあと新しいニュースがあるのですが、この時点ではまだ触れていません。

プロダクト最新情報

現在発表されているTwilioの比較的新しいプロダクトとして、Flexがありますが、こちらについては今後β版のリリースを予定しているとの発表がありました。

参考情報
・プログラマブルなコンタクトセンター構築ソリューションFlexとは?こちら
・プログラミング不要?!ドラック&ドロップでコミュニケーションワークフローが作れるStudioとは?こちら

また、Twilioは最近RCSビジネスメッセージングやApple Business Chatに対応することも発表しています。
Twilioがあらゆるチャネルとの連携が可能になっていく中で、今回大きな発表が待っていました!

そう、あの緑色のアイコンがスクリーンに。

ChannlesがLINEと連携可能に

Twilio ChannelsがLINEと連携しました。[プレスリリースはこちら]

IMG_2105.JPG

今回のChannelsとLINEの連携により、開発者が従来のようにLINEのAPIをコーディングする必要がなくSMSと同じようにメッセージングサービスとして扱えるようになります。
ここでさっそくChannelsのLINE連携デモタイム。Twilio Studioを使うことで、あっという間にノンコーディングでLINE Botが完成しました。このように、技術者ではなくても簡単に顧客とのコミュニケーションを実装できるのは大きな魅力ですね。
IMG_2107.JPG
さらに今回はスペシャルゲストとして、LINE社からマーケティング アドヴォケイトの垣内様にお越しいただき、「待ちに待ったTwilioとの連携が実現できて嬉しいです」とのコメントをいただきました。

IMG_2114.JPG

連携を祝して記念の1枚。Twilio電話ポーズありがとうございます!
IMG_2136.JPG
なお、今回は時間の関係で残念ながらご紹介ができませんでしたが、コンタクトセンター向けのソリューションとしてTaskRouterとLINEも連携も可能です。こちらの内容については以下のビデオにて紹介していますのでぜひご覧ください!

コミュニティ再始動の宣言

本日のイベントはコンテンツが目白押しです。次はコミュニティの再始動を宣言です。Twilioのコミュニティ、通称「Twilio UG」が最近停滞気味であったことから、今年は全国各地でコミュニティの活動を再開していきましょうという宣言です。参加資格はスバリ「Twilioが好きな人」です!コミュニティ活動を通じて、Twilioを広く知ってもらうとともに、Twilioでビジネスができる人を増やしたいと考えています。
IMG_2188.JPG

コミュニティ活動にご興味のある方、Twilioが大好きな方は、まずはFacebookグループにご参加ください。各地で開催されるイベント情報などが発信されています。

Doorkeeperページはこちらから
Facebookページはこちらから

各地で開催されるMeetupの予定

5月7日 (月)  東京 [終了]
5月29日(火) 大阪 [お申込みはこちらから]
6月9日(土) 岡山 [お申込みはこちらから]
7月5日 (木)  札幌
※上記以外の地域でも開催は可能です。我こそは!というご希望地域の方がいらっしゃればぜひご連絡ください。

目指せTwiiloマスター!Twilioクイズ

終盤には、どのくらいTwilioのことを知っていて何問正解できるかな?ということで、Twilioに関連するクイズ大会を行いました。Twilioのローンチ日から、サービス提供初期時の050番号の価格、TwilioのCEOの顔写真を選ぶところまで、多くの皆様に参加いただき熱く盛り上がりました!
IMG_2211.JPG
IMG_2208.JPG

閉会のごあいさつ

最後は、当社カタチ想造事業本部長の東、米国Twilio社から来日した4人、マネージャーの青木からあいさつがあり、無事に閉会となりました。今回、登壇をしたPatrickとAngie以外にも、ソリューションアーキテクトのNeil、サポートを担当するSonomiさんも来日。
IMG_2249.JPG
カタチ想造事業本部長 東
IMG_2277.JPG
Twilio社 ソリューションアーキテクト Neil
IMG_2286.JPG
Sonomiさん
最後にはお決まりのポーズで記念撮影をしました。多くの方にご参加いただき無感量です!素敵な笑顔をありがとうございます!

IMG_2240.JPG

おまけ

今回、プロダクトのアイコンをパネルにして会場に散りばめました。
s_IMG_1921.JPG
今回、参加してくださった方にはお土産をお渡ししました。今回新しく作成したノベルティも多数ご用意しました。
MicrosoftTeams-image (5).jpg

当社でもよくお世話になっている六本木マカロンさんのオリジナルマカロン。プリントできることもさながら、味も見た目もバッチリです。しかも今回は、通常のTwilioのロゴに加えて、各プロダクトのアイコンをプリントしてみました。
5周年にあわせたイベントTシャツも作成。パッケージもどこかで見た感じに仕上がって、とてもオシャレな感じですね。

IMG_1910.JPG

s_Image uploaded from iOS.jpg

写真撮影用のFacebookパネルもご用意しました。Facebook、インスタ映えもしますね。
s_IMG_2147.JPG

今後のイベントのご案内

Twilioでは今後もイベントを多数企画しています。皆様のご参加をお待ちしております!
5月16日(水)東京 Twilio Lounge Vol.9  [お申込みはこちらから]
5月17日(木)大阪 ビジネスセミナー&SCA説明会 [お申込みはこちらから]
5月18日(金)大阪 Twilio Master 入門編 [お申込みはこちらから]
5月22日(木)大阪 Twilio×SendGrid ハンズオン [お申込みはこちらから]
5月26日(土)東京 Twilio Master 入門編 [お申込みはこちらから]
5月30日(水)- 31日(木)大阪 コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2018  [お申込みはこちらから]

この記事をシェア


すべての記事へ

Event

TwilioビジネスセミナーVol.54 SIGNAL報告会

Event

SIGANL Day2での発表事項振り返り

Event

SIGANL Day1での発表事項振り返り

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.5

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.4

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.3