JAWS Days 2018参戦!&Twilio UG再始動!

みなさん、こんにちは。Twilio UG(Twilio User Group) がAWSのユーザコミュニティイベント「JAWS DAYS 2018」 のコミュニティブースに参加をしてきましたので、早速レポートをお送りします。

AWSのユーザコミュニティ「JAWS-UG」とは

JAWS-UGとは、AWS (Amazon Web Services) が提供するクラウドコンピューティングを利用する人々の集まり(コミュニティ)です(JAWS-UG公式サイトより)。 全国に30以上の支部があり、活動も日本全国規模で行っています。
全国支部の旗が並んでいます。

IMG_2401.JPG

Twilio UGとは

Twilio UGはTwilioのユーザグループです。全国のTwilio好きな人が交流をし、Twilioはもちろん最新技術について意見交換をしたり交流をする会です。Twilio UGにはDoorkeeperのページから参加できます!
今回は、Twilio UGのコアメンバーでもある八木さま、本間さまにもお手伝いいただきました!

IMG_2410.JPG

当日の様子パート1 ブース編

会場はTOC五反田メッセ。

IMG_2361.JPG

会場内は複数セッションのスペースと企業、コミュニティの出展ブースに分かれています。
JAWS-UGのシンボルであるサメのロゴとともに皆様をお出迎え。

IMG_2352.JPG


サポート企業の出展ブース。AWSさんのところにはソーシャル映えするパネルも用意されていました。

JAWSDay2018.jpg

IMG_2350.JPG

IMG_2379.JPG

Twilio UGのブース。お隣はSIer IoT LTさん。
IMG_2551.JPG

スポンサー、コミュニティのロゴ一覧。もちろん、Twilio UGもありますよ。

IMG_2364.JPG

IMG_2365.JPG

当日の様子パート2 セッション編

ランチセッションにはお弁当も配布されます。

IMG_2383.JPG

IMG_2384.JPG

IMG_2386.JPG

Aトラックのセッションプログラムには、AWSのエバンジェリストのキーノートセッションも。IMG_2388.JPG

なんと、パネルのご本人登場。AWSのチーフエバンジェリスト Jeff Barr氏。
IMG_2371.JPG

当日の様子パート3 ノベルティ編

各社、各コミュニティ多彩なノベルティを用意していたので紹介します。
Twilio UGからはステッカー大小2種とスマホクリーナー。

IMG_2553.JPG

スマホクリーナーの中身はあぶらとり紙みたいな見た目

IMG_2554.JPG

AWSかるただそう。

IMG_2378.JPG

AWSさんのステッカー、ボールペン。

IMG_2368.JPG

kintoneさんのステッカー&ウエットティッシュ、stripeさんのステッカー&Tシャツ

IMG_2403.JPG

Salesforceさんはポチ袋とカレンダー。ちょっとしたお金を返すときに役立ちますね。

IMG_2404.JPG

もらってうれしいチロルチョコ。

IMG_2393 (1).JPG

サポート言語にご注目。

IMG_2395 (1).JPG

当日の様子パート4 コミュトーーク編

今回、Twilio-UGの唯一の見せ場はココです。
コミュニティ運営者によるトークセッション、名付けて「コミュトーーク」。もちろん、人気番組「アメトーーク」のオマージュ企画です(ものは言いようですね)。
そうそうたるメンバーが集ってコミュニティ運営についてワイワイガヤガヤします。
司会はご存知、めがねさん。
そしてひな壇芸人の皆さんはこちら。

com_talk.png

それぞれがピンでも登壇できるほど、有名な方々ばかりですね。

Twilioエバンジェリストの高橋は、これからコミュニティを始めるという立場で、同じ立場のMasterCloudの堀岡さんと絶妙な漫才を披露。

IMG_2487.JPG

高橋の爆裂トークの隙間を突いて、「コミュニティ、最高!」などテンポ良い合いの手を入れる堀岡さん。実は事前の打ち合わせはまったくなし。すべてアドリブでした。

ここで高橋より重大発表。「Twilio UG 再始動!」です。
4月に開催されるTwilio for KWCの5周年記念イベントにて詳細が明らかになることです。

他のコミュニティのみなさまも、サービスが好きすぎてコミュニティを作ってしまったという
お話や、自分がやりたいことを口に出して巻き込まれた結果コミュニティを作ったお話、
仲間を作れるおもしろさ、アウトプットを作れるといったコミュニティ作りへの醍醐味も。

IMG_2507 (1).JPG

コミュニティ運営をするにあたり、大変なことももちろんあります。
コミュニティを継続するために、コミュニティに費やす時間をあらかじめ決めたり、
自分ひとりだけではなく協力者を募るといった工夫も必要だとのお話もありました。
大変なところもありますが、結論、みんなコミュニティが大好き!ということでLT大会は終了しました。

IMG_2506.JPG

最後に登壇のみなさまで写真撮影。

IMG_2517.JPG

当日の様子パート5 懇親会編

コスプレの方も多数。マクロスのキャラクターだそうです。
IMG_2526.JPG

懇親会がスタート。総勢1,900名の申し込みがあったとのことなのでかなりの人数。

IMG_2528.JPG

JAWS UGのメンバーの中から選ばれた方の表彰があり、

IMG_2535.JPG

LTがあり、

IMG_2541.JPG

機械と人間がリバーシで対決した結果、

IMG_2544.JPG

残念ながら負けてしまいました...

IMG_2546.JPG

JAWSの全国のコミュニティの活動紹介やJAWSのおかげで内定がもらえましたという
お話もあり、懇親会が終了。

IMG_2547.JPG

まとめ&大事なお知らせ

今回、JAWS DAYS 2018に参加をして、AWSのコミュニティの運営や熱い想いをもったコミュニティの方々にお会いでき、Twilio UGもJAWS-UGのようなコミュニティに成長していきたいなと思いました。
ブースにはTwilioユーザの方も多く立ち寄ってくださり、ますますTwilio UGをみなさまと一緒に盛り上げていきたい!という想いが強くなり、今後が非常に楽しみです!

2018年4月24日(火)に開催されるTwilio for KWC 5th Eventにて、Twilio UGの再始動キックオフを行います!Twilioに興味がある方、コミュニティに参加してみたい方はぜひご参加ください。また、イベントには米国Twilioからシークレットゲストも来日。イベントの詳細はしばしお待ちください!
コミュニティに参加して楽しいひと時を過ごしたり、会社や業界を超えた交流をしてみませんか?

この記事をシェア


すべての記事へ

Event

TwilioビジネスセミナーVol.54 SIGNAL報告会

Event

SIGANL Day2での発表事項振り返り

Event

SIGANL Day1での発表事項振り返り

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.3

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.5

Event

Smart Communication Award 2018 レポート Vol.2