Twilio lounge vol.6を開催しました

皆さん、こんにちは。

1月17日、今年最初のTwilio loungeが渋谷Under Barにて開催しました。最近には珍しく雨が降りましたが、今回は13名ほどの予約をいただき、いつものようにゆったりとイベントがスタートしました。

Twilio loungeでは、入場時に1,500円を支払って、好きなドリンクとおつまみを受け取ります。追加のドリンクはキャッシュオンです。まずは皆様、LTが始まるまでの歓談を楽しまれています。そして20時からついにLT大会スタートです。

 
1.png

 

今回のLTタイトルは以下のとおりです。

1. Twilio News(Twilio事業部 エバンジェリスト 高橋)
2. 高品質SMSについて (Twilio事業部 杉本)
3. Amazon Connectを触ってみた(sakazuki様)
4. エンジニアにおすすめするデザインツール(Canva事業部 内藤)
5. 最近作ったコンタクトセンターサービス(Toshiro Yagi様)

 

■ Twilio News

トップバッターは弊社Twilio事業部エバンジェリスト高橋より「Twilio News」です。Twilioのサービスに関する新しいトピックが5つ発表されました。

 
2.png

 

1. Twilioの全体構成図が新しくなりました。

先日開催されたメルボルンのイベントで、Twilioの新しい全体構成図が公開されました。とくに、Engagement Cloudの部分がわかりやすく整理されているようです。

2. Twilio Studioが、どなたでも使えるようになりました。

今までは事前申請が必要でしたが、現在は申請なしでも利用可能です。

3. Twilio Studioが日本語対応になりました。

ただし、うまく動作しないとのこと。もうしばらく時間がかかりそうですね。

4. Twilio Assetsが公開種別(Private/Public)に対応しました。

従来の外向けの公開だけでなく、Twilio Functionsからのみアクセス可能なプライベートな保存ができるようになりました。

5. API Explorerの仕様が変わりました。

サブアカウントからのアクセスができなくなり、利用するにはマスターアカウントに切り替える必要があります。

 
3.pngのサムネイル画像

 

その後、直近イベントのお知らせがありましたが、東京だけでなく福岡や大阪、名古屋など、全国各地にTwilioがお邪魔します。

■高品質SMSについて

 
4.png

 

次は同じく弊社Twilio事業部の杉本より「高品質SMSについて」の発表がありました。高品質SMSは何ができるか、メリット・デメリットを中心に解説をしました。なお、実際の利用には、事前審査等手続きがあるので、営業担当までご連絡下さい。

 

5.pngのサムネイル画像

ちなみに杉本は、いつもTwilioのサポートをしているスタッフです。サービスと毎日接しているスタッフから直接情報を聞けるのはTwilio loungeのいいところです。

 

■Amazon Connectを触ってみた

続いての登壇は、前回もLTをしていただいたsakazuki様です。

当初お知らせいただいていたタイトルとは異なり、ズバリタイトルは「Amazon Connectを使ってみた」です

 
6.png

 

Amazon Connectといえば、コールフローがドラッグ・アンド・ドロップで作れたり、時間単位の従量課金ができたりする、AWSベースの電話ソリューションです。ちなみに、裏側ではTwilioが使われています。

 
7.pngのサムネイル画像

 

色々と試してみた結果、結論から言うと、フローの管理がしにくいということで、使うのは辞めたとのこと。Twilio Studioもそうですが、このあたりの使い勝手は今後改善されていくのでしょうね。

実際に使ってみた感想が聞けるのはとても貴重な経験だと思います。

LTはどんどん進みます!

■エンジニアにおすすめするデザインツール

次は弊社Canva事業部の内藤から「エンジニアにおすすめするデザインツールCanva 」というタイトルで、Canvaに関する発表がありました。このCanvaというツールも、Twilio同様に弊社が扱っているサービスの一つなのです。しかも最近、時価総額が10億ドルを突破し、Twilio同様にCanvaもユニコーン企業となりました。

 
8.png

 

LTでは、実際にCanvaを使って、ブログのアイキャッチ画像を作成するデモを行いました。時間はかなりオーバーしましたが、非常に簡単にきれいな画像が作れることが伝わったかと思います。

Canvaは無料でも十分に使えるツールなので、ぜひ皆さんもお試しください。

https://www.canva.com/ja_jp/

 
9.png

 

ちなみに内藤曰く、Twilioの好きなところは社会貢献度が高いところだそうです。実際、様々な場面において世界中でTwilioが使われています。

あのサービスでもTwilioってつかわれていたのね、ということが身の回りにも隠れているかもしれないですね。

■最近作ったコンタクトセンターサービス

さて、いよいよ本日最後のLTは、前回同様Toshiro Yagi様です。

 
10.png

 

ある実際のお客様のコンタクトセンターのために作成したシステムを、デモを交えてお話しいただきました。オペレータの離席状況を確認して効率よく電話を受け取れる仕組みなど、とても勉強になる内容でした。

 
11.png

 

今回は、実際にコンタクトセンターの仕組みを作っている人たちも多く、より突っ込んだ技術的な質問が多く飛び交いました。お陰で、弊社Twilioのスタッフも勉強になったと思います。

LTも無事終了し、最後にその日いらっしゃっていた皆様と集合写真タイム。

 
12.png

 

その後も夜遅くまで、LT登壇者を囲んで様々な会話が繰り広げられたようです。お酒とおつまみを片手に様々な業種の方と情報交換ができる貴重な機会となりました。

今回参加してくださった皆様、遅くまでお付き合いくださり誠にありがとうございました。また、LTに登壇してくださった皆様、お疲れ様でした。

また次回からもTwilio loungeをよろしくお願いいたします。次回は、2月21日(水)です。

この記事をシェア


すべての記事へ

Event

ビジネスセミナーVol.57 コミュニケーションをデータにして分析しよう

Event

セミナーレポート:ビジネスセミナーVol.56 顧客体験向上のためのLINE活用法

Event

Twilio ビジネスセミナー Vol.55 Twilio × Stripe で実現する Fintech ソリューション 〜プログラマブルで安全な電話決済と業務効率化〜

Event

TwilioビジネスセミナーVol.54 SIGNAL報告会

Event

SIGNAL Day2での発表事項振り返り

Event

SIGNAL Day1での発表事項振り返り