Smart Communication Award 2015 説明会 in 東京 ( 開発素材提供パートナー特集)

IMG_0451.JPG

 

今年もはじまります!SmartCommunicationAward。

初めての説明会は開発素材提供パートナー特集です。

 

本日のアジェンダは以下のとおりです。

■本日のアジェンダ

・Smart Communication Award の説明

・開発素材説明(日本マイクロソフト/サイボウズ/ニフティ/エーアイ/アシアル)

・ワークショップ

 

■SmartCommunicationAwardの説明

SmartCommunicationAward(以下SCA)は、Twilioを使った新しい事業を生み出すためのコンテストです。今年のコンテストの特徴は以下の3つです

 

■コンテストの特徴

 1.事業化テーマ

 2.協賛各社からの事業化支援

 3.優勝すると米国Twilioイベント(SIGNAL Twilio Conference)で登壇・・・5/19,20だよ

 

SCAは今年で3回目になり、過去2回の応募状況は22作品(2013年)→43作品(2014年)と毎年伸びています。過去の応募作品として以下の3つをご紹介いただきました。

 ・TRANSREC:留守電メッセージが文字で届く、国内初の留守番電話サービス

 ・着信認証™システム:電話の発信者通知情報を本人認証のトリガーとした本人認証サービス

 ・ポンク:カードを持ち歩かなくて良いカード決済サービス

 

また、過去の応募作品に関して実施した支援内容については以下のような感じです。

 ・KDDIグループ/パートナー/プレスなどの紹介

 ・イベント共催 や 展示会支援

 ・各種ディスカッション等

 

事業化がテーマのコンテストになるので、そこが審査基準にも重要になってきます。

Twilio利用して事業を成功させたサービスとしては以下の2つをご紹介いただきました。

 ・Uber:Uberの運転手をSMSを経由しP2Pでコミュニケーションする仕組みでTwilioを利用

 ・1Click飲み:Twilio経由で飲み屋に匿名・自動通話・自動音声で予約してくれる

審査基準は「事業性」以外にもあり、以下の4点になります。

■審査基準

 1.事業性 | 2.独創性 | 3.社会貢献度 | 4.完成度

 

まずはアイデアの応募をしていただき、審査に通過した作品にはハッカソンにてプロトタイプを作成いただく形になります。アイデア応募の〆切は2015年3月31日(火)18:00です。

そして、ハッカソンは、2015年4月11日(土)・12日(日)ですので、予定を空けておいてください。

 

■開発素材説明

さて、次は今回SCAにご提供いただく開発素材の説明になります。今回は素材説明だけでなく、Twilioとどんな形で連携ができるのか?Awardでどんなアプリを作って欲しいのか?などもお話いただきました。

 
IMG_0277.JPG

 

■マイクロソフト様(Microsoft Azure

マイクロソフトのAzureはPaaSのプラットフォームとして利用可能です。下から支えるプラットフォームとしてご利用ください。今回のAwardでは、Twilioとはハンズ・オンセミナーをちょくちょく実施してます。2/17にもイベントありますので是非!

Twilio X Azure ハンズオン : ブラウザ フォンを開発しよう !

今回のAwardでは期間限定で無料に近いコードを提供し、副賞はAzure上でサービスを継続して利用できる権利をご用意しております!

 

IMG_0322.JPGのサムネイル画像

■サイボウズ様(kintone

Kintoneは業務アプリを簡単に作れるツールです。

詳しくはDeveloperサイトをご覧ください! → cybozudev.zendesk.com/hc/ja

Twilio × kintoneの利用としては以下2つを提案いただきました。

・REST APIを使ってデータベースとして利用するというバックエンドとしての利用

・Twilioの入力インターフェースとしてフロントエンドとしての利用

 
IMG_0348.JPG

 

■ニフティ様(ニフティクラウド mobile backend

mobile backendを使えばサーバー側の開発運用なくスマホアプリが作れるから、コストダウン・開発のスピードアップが可能。

今回のAwardではmBaaSを活用して、

 ・スマートフォンならではのサービス

 ・コミュニケーションの新しい形

 ・スマートフォン同士の連携

などのサービスが生まれて欲しいとのことです。

 
IMG_0375.JPG

 

■エーアイ様(AITalkWebAPI琴葉WebAPIマルチリンガルWebAPI

エーアイは文字情報から機械的に音声に変換する音声合成サービスです。日本語標準(15話者)、キャラクター、マルチリンガル(14言語)など、男性・女性・子どもなど様々な話者から選ぶことができます。

マルチリンガルWebAPIを使って東京オリンピックに向けてのあアプリを期待しているとのこと。副賞はボイスロイドシリーズのパッケージソフトです。

 
IMG_0394.JPG

 

■アシアル様(MonacaOnsen UI

Monacaはクロスプラットフォーム問題を解決するHTML5ハイブリッドアプリ向けの開発プラットフォーム。

現在Monacaは8万ユーザで、3000アプリが作られているそう。

コンテスト期間中は、ゴールドプランの利用コードを配布予定。2月18日にはMonacaの欧式ガイドブックも販売されるので、初めての人も是非チャレンジしてください。

Awardで期待したいアプリとしてはビジネスのコミュニケーションを円滑にすると面白いと思っているとのこと。でも、餃子アプリを作ってもらえると個人的には得点高いとのことですw。

 

■ワークショップ(アイデアソン)

さて、次はワークショップです。今回の Award は事業化がテーマなので、ビジネス的な視点が必要になります。今回は「顧客側の視点にたつ」ということにフォーカスして考える練習として、マーケティングの 4C (顧客の価値や負担など)の視点を使って、サービスアイデアソンをしていきたいと思います。

またTwilioを利用する5つのメリットも参考にしてみてください。

B86qN63CUAA0oUD.jpgB86p1ncCcAAhuUd.jpg

 

ビールとお寿司を食べながら、柔軟な発想でおもしろいアイデアを考えましょう!

 

IMG_0409.JPGIMG_0411.JPGIMG_0414.JPGIMG_0415.JPG

 

■アイデア発表

6チームに発表いただきましたので、ご紹介したいと思います

1. サービス名:「HELP」

トイレ、タバコ、充電等に困った時にTwilioの指定番号に電話をかけます。音声案内にしたがってプッシュホンで指定。位置情報店舗情報が格納されたkintoneと連携して店舗側に回答を求め、得た回答を利用者にフィードバックします。

2. サービス名:「電話Filterくん」

登録外の知らない人からかかってくる電話をフィルタリングするサービス。営業電話やオレオレ詐欺をストップします。ストップ対象の電話がかかってきたら、家族にショートメールが飛び安心通知機能も。回線契約にオプションでつけマネタイズも考えています。

3. サービス名:「未知への案内人」

出産に対する未知への不安を軽減するTwilioとの連携サービス。お産の先輩や、プロのスタッフに質問できる、連絡できる匿名コミュニケーションサービス。

4. サービス名:「easy call operation」

流通の社員、バイト向けツール。店舗側のシフト勤務に対する欠勤穴埋め、遅刻防止に役立つサービスです。急なシフト変更に対する一斉SMS通知や、バイリンガル対応(エーアイAPI)で外国人スタッフもOK!

5. サービス名:声で経路案内する仕組み

スマホが使えない方(高齢者、障害者)や外国の方に対し音声で経路案内するサービス。お店が近くなれば電話(音声)で伝えてくれます。

6.サービス名:「いくよとくるよ 」

巡回バスに便利と安心を提供するサービス。巡回バスの57%は高齢者福祉のために導入されてます。 明日バスにのりたかったら時間帯をプッシュ通知で入力し、翌日バスが近づいてきたら電話がかかってきます。インプットもアウトプットも電話というのが肝です。

 

IMG_0421.JPG IMG_0427.JPG

IMG_0437.JPG IMG_0449.JPG

IMG_0461.JPGIMG_0465.JPG

 

■最後に

最後はみなさまでざっくばらんに懇親会です。Awardに興味はあるけど一緒に作品を作ってくれるチームメンバーが欲しい方々のMeetupも同時に行います。

SCAの説明会は福岡、大阪でもありますので、ご興味をもってくれた方は是非きてくださいね。東京でももう一度ありますよ!

 2月26日(木) 19:00〜 福岡説明会

 2月27日(金) 19:00〜 大阪説明会

 3月6日(金) 19:00〜 東京説明会(ビジネスパートナー特集)

 

最後はみんなで集合写真です!みなさまお疲れ様でした!

IMG_0489.JPG

 

今回のイベントのつぶやきまとめはこちらから。イベントの様子がよりわかるかと思います。

 →Smart Communication Award 2015 説明会(アイデアソン) in 東京 Vol.1 - 開発素材提供パートナー特集

この記事をシェア

すべての記事へ

Event

北九州フードフェスティバル2019でTwilio音声ガイダンスを導入

Event

ビジネスセミナーVol.58 SIGNAL2019 報告会

Event

ビジネスセミナーVol.57 コミュニケーションをデータにして分析しよう

Event

セミナーレポート:ビジネスセミナーVol.56 顧客体験向上のためのLINE活用法

Event

Twilio ビジネスセミナー Vol.55 Twilio × Stripe で実現する Fintech ソリューション 〜プログラマブルで安全な電話決済と業務効率化〜

Event

TwilioビジネスセミナーVol.54 SIGNAL報告会