Award最後の説明会!企業賞の賞品発表もあるよ!

20140306-01.jpg

Smart Communication Award!の説明会もとうとう最後!!
本日は、説明会にくることができなかった方のために、Award についてより詳細にレポートしますね。

本日のアジェンダは以下の通りです。

  • Smart Communication Award の説明
  • 開発素材説明(日本マイクロソフト/ニフティ/AWS)
  • ワークショップ

 

Twilio と Smart Communication Award 説明

20140306-02.jpg

まずはTwilio、Awardの説明と、企業賞の賞品紹介!
今年のコンテストのポイントは左写真の 3 点になります。

昨年同様、事業化がテーマですが、今年は応募いただいたみなさまに事業化支援の可能性をみいだせる構成に変更しました。また、今年はベンチャーキャピタル系にもお声掛けするなど、協賛企業も増やし、支援の可能性の幅も広げました!

作品に関しては、応募する際注目してほしいのは、発想の転換、概念の転換です。前からあったサービスだけれども、ちょっと発想をかえるだけで新しいサービスにあるものはたくさんあります。

  • 1クリックのみ(MashupAwards9 の最優秀作品)
    企業からではなく、ユーザが自動音声をつかってお店の予約をするという逆転の発想が新しい
  • 福岡市のPM2.5ダイヤル
    WEB で流れていた情報を電話で流すことで、WEB に触れていない人にも WEB の情報を提供

このような、発想の面白い作品を表彰したいと思っています。

応募〆切は 2014 年 3 月 24 日(月)午前 9 時です!!
まずはアイデアを募集いただき、一次審査が行われます。一次審査を通った作品は、次回のハッカソン(4/5、4/6)に参加していただきます。ハッカソン最終日に二次審査が行われ、最終審査に参加いただくチームが決定されます。

  • 3 月 24 日(月)9 時までに応募
    ↓ (一次審査に通過すると)
  • 4 月 5 日 〜 6 日のハッカソンに参加
    ↓ (二次審査に通過すると)
  • 4月9日(水)のTwilio JAPAN SUMMITで最終プレゼン

最初の一次審査に通過するポイントは、先ほど説明した「発想の転換、概念の転換」が重要になってきます。昨年は 22 作品の応募があり、14 作品が書類選考を通過しました。そして 5 作品が最終プレゼンで発表されました。

賞品に関しては、昨年同様 50 万円相当ですが、内容は変わっています。
賞金は 10 万円ですが、TwilioCON4 の参加費と航空チケットにプラスして、TwilioCON4 にてサービスの発表もできるかもしれません!世界に作品をアピールするチャンスです!

また、各企業さまからの賞品も徐々に決まり始めてきましたのでご紹介します。

  • ニフティクラウド賞(@nifty 使用権 5 万円/ニフティノベルティ)
  • AWS 賞(マンツーマンセッション/Amazon オフィスランチ権)
  • Skyland Ventures 賞 ( iPad )
  • MOVIDA賞(MOVIDA SCHOOL 参加権/Chief Accelerator 伊藤健吾メンタリング権)

※ Microsooft 賞と LAWSON 賞はまだ未定です。

 

開発素材説明

20140306-03.jpg

<日本マイクロソフト様:Microsoft Azure>
日本マイクロソフト様からは、開発でこそ生きる!Windows Azure についてお話いただきました。
アイデア募集期間から決勝まで Windows Azure の利用権を提供します。

 

20140306-04.jpg

<ニフティ様>
mBaaS(スマホアプリの「サーバー側機能」をクラウドで提供するサービス)であるニフティクラウド mobile backend についてお話をお伺いしました。
アイデア募集期間から決勝まで C4SA の利用権が提供されます。

 

20140306-05.jpg

<AWS様:http://aws.amazon.com/jp/>
クラウドプラットフォームであるアマゾンウェブサービスについてお話をお伺いいたしました。
ハッカソン参加者全員に AWS クーポン $50 分が提供されます。

<その他の開発素材に関して>
上記 3 社以外の開発素材(ローソン、エーアイ、アドバンスドメディア)については、宋から代理で説明がありました。詳細は第 1 回の東京説明会のブログに書かれていますのでそちらを参照ください。
Smart Communication Award 2014 説明会 in 東京 Vol.1

 

ワークショップ

さて、次はワークショップです。今回はいつものアイデアソンとはちょっと違います。
いつもは、マーケティングでいう 4P の product 部分を中心に考えていましたが、今回の award は事業化がテーマなので、ビジネス的な視点が必要になります。そのためのフレームワークとしては、ビジネスモデルキャンパスというものがあるのですが、それを考えるには少しい時間がたりません。なので、今回は「顧客側の視点にたつ」ということにフォーカスして考える練習として、マーケティングの 4C の視点を使って、サービスアイデアソンをしていきたいと思います。
ビールとお寿司を食べながら、柔軟な発想でおもしろいアイデアを考えましょう!

20140306-06.jpg20140306-07.jpg20140306-08.jpg20140306-09.jpg20140306-10.jpg20140306-11.jpg20140306-12.jpg20140306-13.jpg

 

発表タイム

4 チームに発表いただきましたので、それをご紹介します。

  1. Taglio(タグリオ)
    電車に忘れたり、家で財布がみつからないなど、物忘れってよくありますよね?忘れたモノから電話がくるという、電話を使って物忘れを少なくするサービスです。
  2. 禁忌扱いの食品や飲料について、電話で教えてくれるサービス
    薬の飲み合わせに関しては、医師等に教えてもらえるけれど、食品に関しては教えてくれることが少なく、夕食時にが薬局がしまっていて相談ができない。24 時間問い合わせができると便利。
  3. 観光タクシー相乗りサービス
    観光地で行きたい目的地を登録し、同じ方向の観光客をマッチングし、タクシーの相乗りをセッティングし、タクシー代を節約してくれるサービス。警察のモニター付きで安全も確保。
  4. 耳が聞こえない人(遠い人)のためのサービス
    通話を Twilio がテキストに変換して電話に表示してくれるサービス。耳が聞こえなくてもお店の予約ができたり、耳が遠くなったおじいちゃんは孫との電話がスムーズに行える。

20140306-14.jpg20140306-15.jpg20140306-16.jpg20140306-17.jpg

 

まとめ

東京 ×2・大阪・福岡で全 4 回で予定していた Award 説明会もとうとう最後の回。応募〆切まで 1ヶ月を切りました。アイデアの応募〆切 3 月 24 日(月)9 時です。みなさま、ご応募お待ちしております。

この記事をシェア


すべての記事へ

Event

ビジネスセミナーVol.58 SIGNAL2019 報告会

Event

ビジネスセミナーVol.57 コミュニケーションをデータにして分析しよう

Event

セミナーレポート:ビジネスセミナーVol.56 顧客体験向上のためのLINE活用法

Event

Twilio ビジネスセミナー Vol.55 Twilio × Stripe で実現する Fintech ソリューション 〜プログラマブルで安全な電話決済と業務効率化〜

Event

TwilioビジネスセミナーVol.54 SIGNAL報告会

Event

SIGNAL Day2での発表事項振り返り