Programmable SMS

SMS(Short Message Service) の送信を数行のコードで実現

簡単なコードで
SMSの大量送信
到達率を向上

主要なコードだけを書いて、コーディングの時間を短縮

数行のコードでSMS送信可能です。
Twilioには様々な言語に対応したライブラリ、ログ、デバッガで開発を支援します。

到達率を向上させる高品質SMS

到達率を向上させる高品質SMS
SMSで問題になる到達率をTwilioは独自ルートを利用し到達率を高めます。


Programmable SMSでできること

リアルタイムAPI

REST API 経由で SMS を送信できます。送信にエラーがあった場合は、アプリケーションへ通知します。

ステータスとログ

利用状況は自動的に保存され、インデックス化されています。詳細な条件から好きなレンジでデータを抽出します。

世界中のモバイル通信事業者と接続

Twilio は世界中のモバイル通信事業者と接続しているため、1,000 以上のモバイル通信事業者へ SMS を送ることができます。
ユーザーが世界のどこにいても SMS を受信することができ、絵文字を含む様々な言語をサポートします。

SMSの到達率を上げる高品質SMS

高品質SMSは、Programmable SMSで提供している国際SMSによるSMS送信を行うのではなく、別途当サービスが用意している特別なルートを用いて、国内携帯キャリア(au, NTTdocomo, SoftBank, Y!Mobile)へ直収するルートを通じてSMSの到達率を上げるサービスです。

  • ※ 送信専用のサービスとなり、Alphanumeric Sender ID はご利用いただけません。
  • ※ NTTdocomo, au 宛では共通の電話番号が、Softbank 宛では共通のショートコードが送信先に表示されます。

様々なニーズに合わせたCopilot機能

TwilioのCopilot機能をご利用いただければ、大量のSMSを効率的に送信することができます。

詳しくは以下をご参照ください。
Messaging Services and Copilot(開発者ドキュメント)

Programmable SMSの導入事例

すべての事例をみる


料金


・日本国内携帯電話宛にSMSを送る場合はアメリカ電話番号が必要です
・MMSは日本国内携帯電話宛に非対応
・ショートコードは日本国内向けは非対応
Inbound/Incoming SMS ・・・ SMS受信料 1通あたり
Inbound/Incoming MMS ・・・ MMS受信料 1通あたり
Outbound/Outgoing SMS ・・・ SMS送信料 1通あたり
Outbound/Outgoing MMS ・・・ MMS送信料 1通あたり
・Media Storage はMMSでメディアファイルを送信する際に利用するストレージ領域利用料 (GB単位)

SMS送信料

(税込)

au宛 ¥ 8.000
NTTドコモ宛 ¥ 9.600
ソフトバンクモバイル宛 ¥ 8.000
ワイ・モバイル宛 ¥ 8.000
高品質SMS(*) 送信料
送信先キャリアを問わず
¥ 12.960

SMS受信料

(税込)

UNITED STATES Inbound SMS - Other0~¥ 1.000

※海外からSMSを着信する料金の表記です。

(例) アプリケーションよりキャリアにSMSを発信

(税込)

A TwilioからキャリアにSMSを送信する料金 8円~9.6円/通

2018年 8月の情報です

※ 月間の電話番号料金が1ヶ月毎に課金されます

※ 1通は70文字以内(全角を含む)

※ SMSは国際SMSを使用するため、海外電話番号(TI番号)をご購入頂く必要がございます

このサービスの全料金表を見る

Programmable SMSのご利用にあたって

SMS サービスは国際SMSを利用します。
(料金に関しましては「料金表」をご参照ください。)
経由する通信事業者によっては、下記の制約が生じる場合があります。

  • Twilio から正常に送信完了した場合でも、経由する通信事業者に起因して遅配や未達が発生する場合があります。
  • ナンバーポータビリティの履歴がある場合、通信事業者側の事情により電話番号宛に SMS が届かないことがあります。
  • Alphanumeric Sender ID は到達先がAUの場合のみご利用いただけません。

詳しくは、FAQをご覧ください。
FAQへ

Twiliodeveloper site

Programmable SMSで
はじめてのメッセージを送信しましょう