SMS

Twilio SMS は、あらゆるアプリケーションからも
携帯電話へテキストメッセージを送受信できます。

SMS のしくみ

Twilio SMS は、電話番号へテキストメッセージ(SMS)を送受信させる機能です。
Unicode サポートによって、どんな言語でも、絵文字も送信することができます。

SMS を使ってできること

順番待ちの通知
既存のアプリケーションに組み込むことで、病院での予約後、診察の順番が来た時にテキストメッセージを自動で送信することができます。
アンケート
アンケート調査でも、SMS を使えば URL をユーザーに入力してもらう必要もなく、メールアドレスの打ち間違いなどもありません。
本人確認(個人認証)
ユーザーの携帯電話に、ワンタイムパスワードを SMS で送信することで、ログインや各種手続きのセキュリティーの強化が図れます。

より便利に、より高度に

アップグレードで複数の電話番号の運用を

無料で利用できるトライアルアカウントでは、新規アカウント登録時に認証した1つの電話番号だけに発信可能ですが、アップグレードすることにより、この制限が解除され、任意の電話番号へ発信できるほか、電話番号を新たに購入できるようになります。複数の電話番号を運用することで、たとえば、サービスごとに発着信する電話番号を変えたり、用途に応じて発着信する電話番号を変えたりと、より活用の幅が広がります。

VOICE、CLIENT と組み合わせてもっと自由に

一般電話回線を用いて音声通話を実現する VOICE、インターネット回線を用いて PC やスマートフォンでの通話を可能にする CLIENT と組み合わせれば、音声で案内したり、テキスト合成音声を再生したりと、より高度な使いかたができます。

SMS の機能一覧

Unicode Unicode サポート どのような言語でもサポートします。日本語、英語、フランス語などをはじめ、すべての言語を適切にフォーマットします。さらに、絵文字も使えます。
API キューイング API キューイング SMS 送信のコントロールは API によってアプリケーション側で実装できます。
リアルタイル API リアルタイム API HTTP または REST API 経由で SMS を送信できます。送信にエラーがあった場合は、ユーザー側アプリケーションへ HTTP リクエストバックを行い、通知します。
グローバル 世界中の
モバイル通信事業者と
接続(*1)
Twilio は世界中のモバイル通信事業者と接続しているため、1,000 以上のモバイル通信事業者へ SMS を送ることができます。ユーザーが世界のどこにいても SMS を受信できます。キャリア接続でのメンテナンスは一切不要です。
ステータスとログ ステータスとログ SMS の送信をアプリケーションに通知します(*2)。API 経由で必要に応じてレポートを生成することも可能です。
利用状況 API 利用状況 API 利用状況は自動的に保存され、インデックス化されています。詳細なメトリックから好きなレンジでデータを抽出・加工し、抽出できます。
音声通話連携 音声通話連携 アメリカの電話番号を用いることで、電話番号ひとつで SMS と音声通話の双方が可能になります(*1)。購入した電話番号はすぐに利用できます。

禁止事項

  • Twilio 電話番号を用いた SMS 送受信では、必ず Twilio サービスから送受信されるものとし、Twilio 電話番号を用いた SMS を他通信事業者に直接リレーすることを禁止します。
  • SMS 機能をマーケティングや不特定多数への広告媒体として利用することを禁止します。
  • ユーザーから明示的に SMS を送信してもよいという要望や許可を得ず SMS 機能を用いてのメッセージの送信を禁止します。

MESSAGING の機能

おためしポイント付でほとんどの機能が使えます

サインアップ