Channels

ユーザが利用するメッセージングサービスを意識せず、
共通のコードでメッセージの送受信ができます。

マルチチャネルのメッセージ送受信

ユーザが利用するコミュニケーションチャネルは、時代とともに変化しています。さらに、ユーザはコミュニケーションの相手によったり、シチュエーションによって、メールや、Facebook Messenger、LINE、Slackといったツールを使い分けるようになりました。 コミュニケーションツールを作る上で、これらのチャネル別にコードを実装するのはとても大変なことです。
Twilio Channelsを利用することで、これらのチャネルの違いを意識することなく、共通のコードを使ってメッセージの送受信が可能になります。

Channelsがサポートするコミュニケーションチャネル

現時点でラインナップされているチャネルは、以下の通りです。※2018年4月現在、オープンβとして利用が可能なのはLINEのみです。

facebook,slack,HioChat,LINE,WeChat,Kik,sSendGrid,Apple Business Chat,amazon alexa,Twitter,viber,RCS BUSINESS MESSAGING

Channelsと連携可能なTwilio API

機能 機能説明 対応するChannels
Notify ユーザに対するPush通知を行うためのAPI Alexa/Facebook Messenger
Programmable SMS SMSを送受信するためのAPI SendGrid/Kik/LINE/HipChat/Slack/Twitter/Facebook Messenger/Viber/BBM/RCS/WeChat

おためしポイント付でほとんどの機能が使えます

サインアップ