AUTHY | 二要素認証

日本でのサービス提供は準備中です。
ご利用希望の方は、お問い合わせください。
twilio@kddi-web.com

AUTHY を使ってできること

AUTHY SoftToken

20 秒ごとに新しい 7 桁の認証コードを入手できます。モバイル、ウェアラブル、デスクトップの各プラットフォームに対応する Authy アプリ経由で利用可能です。

AUTHY OneCode

オンデマンドで生成される動的な 7 桁の認証コードです。SMS またはテキスト音声変換通話で、登録電話番号に配信されます。

AUTHY OneTouch

単純なイエス / ノーの質問で認証リクエストを承認または拒否します。事前に認証済みのスマートフォンにプッシュ通知アラートを送信します。

AUTHYの使いやすさ

開発者にとっての使いやすさ

  • 単純な REST API:2FAは 10 行足らずのコードでウェブやモバイルのアプリに追加可能
  • 広範囲に及ぶクライアントライブラリ(PHP、Ruby、Python、Java、Node.js など)と詳細なドキュメント
  • 2012 年以降、20,000 人を超える開発者がテスト&利用

IT 管理者によっての使いやすさ

  • 金融機関や Dell を含むサードパーティによる入念な監査実績
  • 2002 年以降 99.999 % のアップタイムと 400 ミリ秒未満の応答時間を誇る高い信頼性
  • セルフサービスによりヘルプデスクやカスタマーサービスへの問い合わせ数を低減

ユーザーにとっての使いやすさ

  • ハードウェアトークン不要
  • スマートフォン、タブレット、デスクトップ、ウェアラブルなど、あらゆるデバイスで利用可能
  • 複数の認証オプション:SMS、音声、TOTP(Time-based One-time Passcode:一定時間毎に切り替わるワンタイムパスコード)、プッシュ通知

Authy SoftToken

従業員、パートナー、お客様が機密領域やウェブアプリにアクセスする場合での利用を推奨します。
ハードウェアの 2FA (二要素) トークンに取って代わる優れた機能です。

クロスプラットフォーム
マルチデバイス
機器のセキュリティ強化 自立回復
Authy アプリは、スマートフォン、タブレット、デスクトップを含む複数のユーザー デバイスで使用できます。 Authy アプリで認証コードを表示する前には、ユーザー PIN またはデバイスの生体認証(TouchID)を要求します。 クラウドでのバックアップと復元により、ヘルプデスクに問い合わせずに代替デバイスの使用を開始できます。

Authy OneCode

Authy アプリの非利用者や、追加的な認証や縮退稼働が必要なとき、
フィーチャーフォンや固定電話の利用者もしくは聴覚障害者に連絡したい場合での利用を推奨します。

地域の現状に合わせた
ユーザー体験
第二のオプション ルート接続性
SMS や音声メッセージは、ユーザーの所在地、習慣、言語によってカスタマイズおよびローカライズできます。 認証コードの送信方法として SMS を選択すると電話がSMSが届かなかった場合の代替手段となり、その逆の設定も可能です。 アグリゲーターおよびキャリアーのネットワークをまたがる合理的な経路決定により、SMS および通話の完了を保証します。

Authy OneTouch

ログイン時またはトランザクション確認用に 2FA を実装する場合に推奨します。
最も合理的かつ強力な認証プロセスを実現します。

シンプル 高度な保護機能 最強の 2FA (二要素認証)
無駄のない 2FA ユーザーエクスペリエンス。「イエス」か「ノー」かで簡単にワンタッチ操作できます。 信頼性の高いパブリック / プライベートキーペアで、相互認証とメッセージ認証の両方に対応します。 帯域外認証により、中間者攻撃とフィッシング攻撃の両方に対する保護を実現します。

おためしポイント付でほとんどの機能が使えます

サインアップ