Twilio Proxy ベータ版リリースのご案内

t-768x240.pngTwilio Proxy がベータ版リリースとなりました。米国Twilio社のBLOG発表を日本語でお伝えします。

・モバイル端末利用者とエンドユーザーをお互い電話番号を伏せて電話でつなぐ
・Proxy API で電話番号管理・セッション管理、通話とテキスト間のブリッジ実装が不要に

ライドシェア(自動車の相乗り)アプリが登場する前を振り返ってみましょう。例えば空港に行きたいとき、自分でタクシー会社に電話をかけ、配車の手配をする必要がありました。今、現在、タクシーの配車手配や到着時間の質問、どこに来てもらうかの指示といったことに電話をかける必要がありません。これらはアプリで済んでしまうのです。素晴らしい時代です。一度味わってしまうと、以前の生活には戻れません。

このような体験は一夜にして実現したわけではありません。企業は、どのようにその課題にチャレンジするかを検討したのです。例えば、

・ どのように2個人を機械的に電話でつなげるか?
・ どのように2個人をお互いの電話番号を知らせずに電話でつなげるか?
・ ライドシェア終了後、どのように2人のコネクションを切るか
・ どのようにストックしている電話番号を管理し使いまわすか

ライドシェア企業は、決して少なくない時間とお金をこれらの課題をどのようにコーディングで解決するかの研究と開発に投じてきました。事実、このようなオンデマンドサービスを提供するビジネスにとっては、この類の課題解決は不可避なのです。

そこでTwilioは考えました。
1958hGJ.gif"なんでそれAPIが存在しないの?"

そこで Twilio は Proxy API を作りました。これまで電話番号を隠した通話を実現するために数ヶ月・数年の労力をかけていたそのコーディングを数行で実装できるようにしました。

直近数ヶ月においては一部のお客様へのみ公開しておりましたが、以下は Clement Savage社 CTO Les Tontons Livreurs氏のコメントです。

「Proxy を使って匿名通話用の電話番号を管理するロジックが、2000行から200行に減りました。」

食事のケータリングサービスアプリや、日用品のレンタルアプリ、新しいDJを探すマッチングサイト、こうした人同士を匿名で繋げたいケースで Proxy は多いに活用できます。
さっそく管理画面にログインし →こちら から Proxy をはじめましょう!

Proxy で何ができるか?

Proxy を使うと数行のコードで複数の異なるコミュニケーションチャネルをブリッジできるようになります。ただブリッジするだけではなく、互いの個人情報を伏せたり、互いが接続する時間の長さをコントロールしたり、互いが自分自身のデバイスを使いつつ互いが何を共有するのか制限することが可能です。

1. 電話番号管理
電話番号を管理するためのロジックを実装していただく必要はありません。Proxy にどのように会話へ番号をアサインするか指示するだけです。

▼Proxyを使わない場合
giphy-41.gif

▼Proxyを使う場合
giphy-42.gif

2. インテリジェントコンカレンシー
サービス運営に必要な最低個数に電話番号数を節約できます。Proxyをつかうと、1つの電話番号を複数のセッションで使いまわすことができます。先程のライドシェアリングのアプリケーションの例でいえば、どの通話セッションであっても同じ電話番号で済むわけです。同じ番号を使っても、API側でこれらのセッションの混同やぶつかりがないことを担保します。
proxy_samenumber_768x382.png3. 通話マネージメント
Proxyを使うと、二者間の通話時間をコントロールできます。これをみなさんのシステムと連携すれば、みなさんがそのロジックを実装することなく、通話記録を管理できるようになります。

4. 内容のモデレーション
Proxyを使うと、テキストによる会話をモニターできるようになり、二者間における会話内容としてフィルタしたい内容や編集するルールを設定することができます。クレジットカード番号や電話番号といった情報の交換を抑制したり、乱暴な言葉遣いを禁止したりすることが可能です。

はじめましょう!

→こちら に Proxy のドキュメントを公開しています。そして管理画面にログインしたら →こちら より Proxy を開始できます。みなさんがどのようなアプリケーションを構築するか楽しみです!

※ Proxy は 2018/1/31 まで無料でお使いいただけます。以降はベータ版でも有料となります。

この記事をシェア


最新記事

すべての記事へ