ゼロからはじめるぜ! Twilio – シーズン3: SIP Trunking編 第4回

masa_prof.jpgこんにちは。ネットワークエンジニアのまさです。

前回までで、2つのIPフォンが内線で接続されましたね。今回は、外線とのつなぎこみです。Twilioを介して、外線をかけたり、外線から受けたりします。

ここから、いよいよTwilioの登場です。SIPトランクを使うためには、アップグレードアカウントが必要になります。トライアルアカウントではご利用いただけませんので、まだトライアルの方はこれを機にぜひ、アップグレードしましょう。クレジットカードをご登録いただき、最初のTwilioポイントを購入すると自動的にアカウントがアップグレードされます。本当にありがとうございます。

では、一緒にTwilioアカウントの管理画面で SIPトランクの設定をしていきましょう。

Twilio管理画面でSIPトランクの設定

管理画面にログインしたら、トップメニュー 左上のロゴがあるプルダウンを開き、「エラスティックSIPトランク」を選びます。以下のような画面に遷移したはずです。

zerotwilio_3-4-1.jpg

どのボタンを押せばよいか!? これは簡単ですね、赤いボタンを押すのが良さそうです。押すと、以下のように「新しいエラスティックSIPトランクを作成する」画面に移動します。

zerotwilio_3-4-2.jpg

フレンドリーネームは分かりやすいお好きな名前をつけてください。録音はひとまずこのまま、Do not Record のままで作成ボタンを押します。すると元の画面に戻るので、今度は Termination タブに移動します。ここで、SIPトランクの用語を2つ覚えてください。Termination(ターミネーション)と Origination(オリジネーション) です。



Termination は、みなさんのIP-PBX→Twilio→PSTN 方向へ抜ける通信です。つまり外線発信
Origination は、PSTN→Twilio→みなさんのIP-PBX 方向へ抜ける通信です。つまり着信ですね。

Voiceのように Inbound、Outbound にしてくれたらいいんですが、ともかくこの名前になってるので覚えるしかありません。私は、今だに混同しますが、みなさんは覚えてください。

では Terminationタブの設定を入れます。

zerotwilio_3-4-3.jpg

Termination SIP URL は、このSIPトランクにおけるSIP URLを形成するためのドメイン決めです。SIPの世界は、Emailのように 「ほげほげ@ドメイン」というアドレスを各SIP端末が持ち、DNSで名前解決もします。SIPトランクで作るSIP URLのエントリーはTwilioのDNSサーバーで持ってくれます。好きなサブドメインを指定しましょう。何か文字を入れると、すぐ脇に Available とか Not Available とか出てきます。他のユーザーが使っていないサブドメインなら空きですので Available が表示されます。早いもの勝ちです。

次に、「IPアクセスリストを作成する」をクリックします。小窓が開いて以下のような設定画面です。

zerotwilio_3-4-4.jpg

ここでは、前回までに構築したIP-PBXのIPアドレスを登録します。もちろん、グローバルIPアドレスでなければなりません。フレンドリーネームはお好きな名前をつけてください。そして忘れずに「ACLを作成する」を押して保存します。

元の画面に戻ってくるので、保存しましょう。画面を下にスクロールすると赤の「保存」ボタンがあるので、それを押します。押したら、Originationタブに移動してください。

zerotwilio_3-4-5.jpg

Origination の設定画面です。オリジネーションSIP URL には、構築したIP-PBX のIPアドレスかFQDNを入力しますが、先頭を sip: で始めます。IPアドレスが、10.20.30.40 だとしたら、sip:10.20.30.40 とします。災害対策は空欄で構いません。保存を押し、電話番号タブに移動します。

zerotwilio_3-4-6.jpg
ここでは、このSIPトランクに紐付けるTwilio電話番号を指定します。構築したIP-PBX から PSTNへ抜ける際にどの電話番号を使って(相手側電話機に通知される番号) 発信するか、ないしは、着信するときにどの電話番号でSIPトランクへ着信させるかというものです。指定した電話番号は、SIPトランク専用に紐付きますので、これまで Voice機能で利用しており Voice Request URLが指定されていたりするとSIPトランク紐付き後は無効になります。よって、SIPトランク専用の番号を1つ用意するのがよいでしょう。

ご自身のTwilio電話番号の空きがない場合は、新しく取得してください。右側の Buy a Number から電話番号を取得しましょう。取得したら、この画面に戻って、Add a Number to this Trunk ボタンをおします。

zerotwilio_3-4-7.jpg

ご自身のTwilio電話番号リストが表示されますので、このSIPトランクに紐付けたい電話番号の横にある Select ボタンをおします。Current Voice Cofiguration の欄を見て、既存のVoiceサービスで使っているものではないか、Clientで使ってたりしないかよく確認してください。さっき取得したばかりの電話番号なら、demo.twilio.com の初期URLが入っているはずです。

電話番号を選択し、元の画面に戻ったら画面したの「保存」ボタンを押します。そして、もう一度Terminationタブに戻りましょう。

zerotwilio_3-4-8.jpg

下のほうの「クレデンシャルリストを作成する」をクリックします。

zerotwilio_3-4-9.jpg
これは何かというと、みなさんのIP-PBXからTwilioを介して外線をかけるとき、Twilioへ行う認証情報です。もちろんですが、このユーザー名とパスワードは絶対に破られてはなりません。万が一、みなさんのIP-PBXに、外部の悪い子が内線をぶら下げることに成功した場合、この認証情報があれば、みなさんのTwilioアカウントで外線かけ放題。またこの認証情報を使って別のIP-PBXをみなさんのTwilioアカウントに接続されたりすると大変なことになります。よって、前の回でも記載しましたが、Twilioはこのパスワードを 大文字・小文字・数字 を全て織り交ぜた上、合計12文字以上の強いパスワードでないと受け付けてくれません。

フレンドリーネームは分かりやすい名前で大丈夫です。ユーザー名は、実際認証に使われるものなので、もちろん長くて複雑な方がより安心です。両方入力したら、作成を押します。

元の画面に戻ったら、画面下部の「保存」を押します。これでTwilio側の設定は完了しました。

今回はここまでにしておきます。
次回は、この設定を元に、Asteriskに設定を追加してまいります。お楽しみに!

この記事をシェア

最新記事

すべての記事へ