電話の受信側に案内などを再生してから通話を成立する。

 

今回のブログでは、受信側の人に案内を流してから通話を成立する内容をご紹介致します。

このやり方はいろんなところで活用されています。
例えば、
どこかに電話をかけて受信側に「〇〇からの電話です。受信する場合は、1 を、通話を拒否する場合は、2 を、押してください」という案内を流して、受信側が 1 を押すと通話を繋ぐ、2 を押すと通話を切断するような処理が実現可能です。

Twilioはこのような処理もたった数行のコードを書くだけで実現可能になります。

 

処理の流れ

ユーザー A がユーザー B に電話をかけます。
その際に、ユーザー B(受信側)にユーザー A の情報を知らせた後、通話を開始します。

今回は簡単な処理で、発信者を受信者に知らせる内容になりますが、今回紹介されるソースコードを使いますと、テキストによる案内だけではなく、音声ファイルを再生したり、受信側の声を録音させたり、プッシュ音認識機能を使って通話の受信可否を決める等、いろんな処理が可能になります。

 

ソースコード

dial-number-url.xml
この TwiML を使って、電話の発信を行います。
気付いている方もいるかと思いますが、Dial 動詞に電話番号だけを設定するのではなく、Number という名詞の中に電話番号を設定しました。

Number 名詞を使いますと、受信側対象にいろんな処理を行う事が可能です。
Number についてはこちら : TwiML 音声通話 <Number>

下記のコードを作成し、URL に受信側に実行する Twilio の処理を記述します。
※ この message.xml には Twilio の動詞を記述します。

message.xml
このコードが受信側に実行される Twilio の処理になります。
今回は、Say 動詞からメッセージのみを流していますが、
Play 動詞を使いますと音声ファイルの再生が、
Record 動詞を使いますと録音が、
Gather を使いますとプッシュ音認識 (DTMF) によるキーの収集が可能になります。

 

まとめ

実行方法については、上記の二つのファイルを用意し、ウェブサーバーに格納してください。
その後、Twilio の電話番号の Request URL に、dial-number-url.xml の URL を設定します。
※ Request URL の設定方法は「 新規登録ですぐ使える、クラウド電話&SMS API Twilioの新規登録。 」をご覧ください。

設定した電話番号に電話をかけますと、Number に設定されている電話番号に電話を転送し、受信側に message.xml の内容が実行されます。

この記事をシェア


最新記事

すべての記事へ