Twilioの電話番号管理をより簡単に、わざわざダッシュボードにログインする必要はありません。

20140911-01.png

REST API 経由で電話番号の管理を自由自在に、検索はもちろん購入、更新、削除も可能です。
API経由ですと、Twilioの電話番号関連作業のため、ダッシュボードへの接続は不要。
バッチ処理でも、電話番号の制御が可能になります。

本記事では Twilio PHP ライブラリを使います。
PHP ライブラリについては下のブログをご覧ください。
Twilio のアプリケーションをより柔軟に、より手軽に、Twilio Helper ライブラリ

TwiML(Twilio マークアップ言語)についてはこちら!
TwiML : Twilio マークアップ言語

購入可能な電話番号検索

新しい電話番号を購入します。
8 行目に国コード「JP(日本)」を設定し、9 行目に検索する電話番号の一部を設定します。
12 行目の「available_phone_nubers」より検索結果が検索され、今現在有効な電話番号が出力されます。

上記のファイルを実行すると、購入可能な電話番号リストが出力されます。

20140911-02.png

 

電話番号の購入

上記の電話番号リストから検索された、リストの中で一番最後の「+815031717476」を購入してみます。購入する際には下記の情報を設定できます。

  • FriendlyName : 電話番号のテキスト識別文字列
  • VoiceUrl : 電話番号の TwiML URL を設定します。(Request URL)
  • PhoneNumber : 購入する電話番号を設定します。(今回は、+815031717476)
  • VoiceMethod : POST もしくは GET を設定します。

このように電話番号の基本情報を設定し、購入することが可能です。
電話番号を購入すると、ダッシュボードからも確認や設定、削除が可能になります。

20140911-03.png

 

契約中の電話番号リストを検索

・9 行目の「incoming_phone_numbers」よりアカウントに設定されている有効な電話番号が検索されます。
・10 行目のphone_numberから電話番号が、11 行目の sid から phone number sid が出力されます。

phone number sid
phone number sid は電話番号を管理する固有の sid を意味します。
この後も出ますが、この sid を利用してより細かな電話番号の操作が可能になります。

このように契約中の電話番号と電話番号 sid が検索されます。
PN から始まる 34 桁の文字列が sid になります。

20140911-04.png

 

電話番号の変更と削除

電話番号設定情報を更新してみます。
まず、電話番号リストを出して、その中更新対象の電話番号に 12 行目の update から番号の設定情報を更新できます。
VoiceUrl (Request URL) はもちろん、フレンドリーネーム、メソッドなど、電話番号を構成している設定情報は全て更新可能です。

最後に削除です。
削除は、11 行目の delete から削除可能です。
ここでも、電話番号の sid を使って番号を削除しています。

20140911-05.png

 

最後に

このように REST API を経由しますと、ダッシュボードにログインする必要もなく、みなさん各自の電話番号管理システムの開発が可能になります。

電話番号の購入は、購入された時点で課金が発生しますので、ご注意ください。

この記事をシェア

最新記事

すべての記事へ