Twilioを使って保留機能を実装。

20140711-01.png

本記事では Twilio を使って電話の保留機能を実装してみたいと思います。
今回の記事でも複数の機能を組み合わせて「電話の保留」機能を実装してみたいと思います。
オペレーターがかかってきた電話を対応する際に他の部署や担当に電話を回す作業で良く使われています。
本記事ではその機能を Twilio を使って実装してみたいと思います。

使われる Twilio の機能

  • 通話の更新 : update
    Twilio の機能には「update」というのがあります。
    この機能は成立されている通話の処理を他の処理に切り替える事が可能な機能です。
    通話中の Call Sid を使って他の電話に <Dial> したり案内メッセージ、音声ファイルを再生したり、プッシュ音により入力をもらったりなど様々な Twilio の機能を実装することが可能です。
  • 待機ルームの生成 : <Enqueue>
  • 待機ルームでのコール管理 : <Queue>
    Twilio の Queue は該当通話を待機させます。

まず、保留ルームを生成します

下のコードで、「supportRoom」というキューのルームを生成します。

<Dial> の <Queue> を使って、生成されたルーム「supportRoom」に電話をかけます。

Call Sid の取得と通話のアップデート

Twilio は通話中の電話の処理を更新することが可能です。
下のコードを通話を更新するタイミングで実行しますと、8 行目に設定されている、Call Sid のコール(通話)が更新されます。

Call Sid はこのように取得することが可能です。
通話が生成された時点で Twilio は Call Sid を発行することになっています。
その Call Sid を使いますと、履歴の取得はもちろん、今の状態や上記の通話更新も可能です。

まとめ

こんな流れです。

  1. ユーザーが 050 番号に電話をかけます。
  2. オペレーター A がその電話を対応します。
  3. ユーザーからの内容を聞いて担当に繋ぐためにウェブ画面に表示されている「保留」ボタンをクリックする又は担当を選択し「通話転送」ボタンをクリックします。
  4. 指定した担当に電話を転送し、ユーザーと担当が通話を継続する。

是非、お試しください。

この記事をシェア

最新記事

すべての記事へ