Twilio

チームラボ株式会社

煩雑な順番受付業務をシンプルにするアプリ

『Air ウェイト』は、2014 年 11 月にリリースした店舗や病院などでの「順番待ち」を管理するアプリです。新しいコミュニケーションスタイルを提供する『twilio』を導入することで、順番待ちで発生する「待つストレス」をより軽減し、お客さまの再来店率の向上に貢献しています。

  • 企画お客様へ間違いなく情報を伝えたい
  • 開発開発期間の短さと柔軟性が決め手
  • 効果ある飲食店では再来店率が 20 %向上

企画

お客様へ間違いなく情報を伝えたい

『Air ウェイト』は、順番管理が煩雑な紙の受付表にかわり、お客様の来店受付から番号券の発券、入店までの案内をデジタルで管理します。そして、自動でお客様の電話へ呼び出しができる機能も搭載し、これまで不満が多かった「待つストレス」解消に努めています。

iPad とプリンタがあれば導入できるハードルの低さが評価され、『Air ウェイト』のサービス開始以降、飲食店、医療機関、百貨店、量販店など業種業態を問わず、利用数が伸びています。たとえば、飲食店での順番待ちであれば、これまでは受付で名前や人数、禁煙・喫煙席の希望を「紙に書いて」管理する流れがありました。『Air ウェイト』なら、そういった順番受付業務を iPad のかんたんな操作で実現、受付業務を効率化します。お客様にとって長い待ち時間は嫌なものですが、携帯電話から待ち人数・時間など現在の状況がわかるほか、順番になればお店からメールが配信されるため、クルマの中やほかの場所で待つことができます。

『Air ウェイト』導入によって、長い待ち時間への不満は軽減されました。しかし、お客様自身で現在の状況を読み込むためにアクセスするのが面倒だったり、お店からのメールが必ずしも開封されないといった課題があり、お客様へ間違いなく情報を伝えたい要望がありました。そこで、メール以外にも、電話で順番をご案内するサービスを導入することとしました。

開発

開発期間の短さと柔軟性が決め手

電話機能搭載について、2015 年 1 月から検討が始まりました。この先、『Air ウェイト』の利用が数十倍に伸びていくと想定されるため、すぐにデータの流量が決められるわけではありません。そこで、『Air ウェイト』と共に成長していける観点から、電話への自動発信・自動応答機能を備えた『twilio』が採用されました。決め手は、開発期間が短さと、開発やデータの流量を含めた柔軟性が高さからです。

『twilio』のプロジェクトは、2 月に開発がスタート。わずか 2 週間で完成し、3 月には実装というスピードを実現しました。このように、システムとの親和性の高さが、『twilio』の強みといえます。

効果

ある飲食店では再来店率が20%向上

『Air ウェイト』に電話への自動発信・応答機能を搭載したことで、受付時に電話番号を入力いただいたお客様には、「ワンタッチ」で電話を鳴らしてお知らせできるようになりました。また、自動音声によるご案内のため、店舗の混雑時でも電話をかける人手を必要としません。

『twilio』の電話機能を搭載したことで、ある飲食店では、お客様の再来店率が 20 %向上しました。導入の手軽さはもちろん、機能面での使いやすさを追求し、進化し続ける『Air ウェイト』。これからの展開にもどうぞご注目ください。

このほか多くの活用事例があります

活用事例一覧

このほか多くの活用事例があります

おためしポイント付でほとんどの機能が使えます

サインアップ