企業事例 株式会社マナボ

生徒がいくら考えても、解答を見ても、どうしても独力では解けない問題に遭遇する時があります。学校の先生を捕まえられるのは週明けの昼休み、塾・予備校は時間が遅いと連絡ができず、Q&A サイトはいつになったら返信が来るかわからない… そんな時、『manabo』ならスマホ・タブレット・PC 越しにチューターと繋がることができます。音声通話のほか、手書き文字、写真、チャットを通して即座に指導を受けられます。

学生とチューターの電話番号を隠して通話。個人情報を保護しながらコミュニケーション

三橋 克仁 氏

『manabo』では Twilio の音声通話機能を用いています。生徒からの質問内容は、チューターの PC と学生側のスマートフォンやタブレットを通じて共有され、音声通話で質問のやりとりが可能です。
Twilio では自分の電話番号や情報を伝えずに通話ができるので、個人情報保護の面でも安心です。

また、Twilio には音声を録音する機能があるため、『manabo』では録音した生徒・チューター間での音声のやり取りを、保護者に指導後にメールで通知して開示しています。実際に『manabo』を利用する生徒だけでなく、その保護者にも安心だと好評です。

チューターの呼び出しにも Twilio Programmable SMSを活用。日本語音声のデジタルデータ化にも期待

対応可能なチューターを呼び出す際には Twilio の SMS 機能を利用しメッセージを送信します。ごく少量のコードで柔軟に SMS 通知および音声通話の機能を実装できました。

manabo は「KDDI ∞ Lab(ムゲンラボ)」第 3 期チームとして採択されていたことで、直接声をかけていただきました。
SMS などの米国版に実装されている主要機能の移植、次に日本語音声のデジタルデータ化を推進していってもらいたいですね。

二者間の通話をアプリで繋ぐしくみ。疑問が発生すると先生に電話で質問。Twilioの音声通話機能を利用するため、生徒からの着信に非通知で受け答えが可能。

会社名
株式会社マナボ
事業内容
スマホ家庭教師「manabo」の開発、運用
住所
東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル2F

この記事をシェア