企業事例 株式会社フィックスポイント

システムの運用業務は、繰り返し発生する障害対応や、定型的な作業などに多くの時間と工数が費やされています。『Kompira』を利用することでこうした業務を自動化し、コスト削減、時間の短縮、品質向上、人材の有効活用など、多くのメリットが得られます。

障害発生時に担当者に自動通知。プッシュ操作で復旧作業も可能

左:三角氏、右:服部氏

『Kompira』では、クリティカルな障害が発生した際、担当者に Twilio の自動通知機能を用いて担当者に一斉に電話連絡します。さらに、担当者のプッシュ操作により、リモートでの復旧作業も可能です。
障害発生時、すぐにエンジニアに通知したい、ところがエンジニアがメールなどに気付かない、サービス復旧のための作業がたくさんある、という状況に陥りがちですが、復旧に必要な作業や電話での通知を自動化することにより、サービス停止時間が短縮され、大幅なサービス向上が見込めます。

メッセージの自動読み上げなども実装。今後はSMS通知もサポート

他のサービスに比べると Twilio は初期費用、毎月の運用費用を大きく下げることができ、スケールにも余分な費用が発生しません。 実装できる機能も多く自由度が高いため、今まで提供できなかった自動読み上げの機能を追加できました。 また、Twilio は登録後すぐに使い始められることも大きな魅力です。
特に大きな障害なく進めることができました。Twilio 独自の XML 言語(TwiML)の理解ができたあとは、スムーズにサービスの構築ができました。当初工数は 1 週間を予定していましたが、2、3 日で実装ができました。

電話でのリモート復旧作業の結果を SMS によって通知することも検討しています。

障害発生時の一斉通知のしくみ。問題が発生した差異、Kompiraが障害検知。Twilio経由でエンジニア電話通知。サービス停止時間の短縮を実現。

会社名
株式会社フィックスポイント
事業内容
運用自動化プラットフォーム「Kompira」の開発
障害一次対応パッケージ「KompiraVO」の提供
業務コンサルサービス
運用自動化導入サービス
保守サービス
住所
東京都渋谷区渋谷1-7-1 渋谷S-6ビル5階

この記事をシェア