お知らせ api.twilio.com SSL証明書アップデートのご案内

2016.05.18

平素はTwilio for KDDI Web Communications をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

日本時間 2016年6月1日中に順次(米国太平洋時間 2016年5月31日中に順次)、api.twilio.com で利用するSSL証明書につきまして、セキュリティーの観点上、1024ビット版root証明書を持つクライアント(およびブラウザ等)との接続を終了すべく、2048ビットのroot証明書を持つクライアントとだけ接続できるよう、SSL証明書をアップデート致します。

ほとんどのお客様には、ご利用のアプリケーションに影響は出ない見込みですが、古いバージョンのブラウザやライブラリを利用しているクライアントにおいては、2048ビットのroot証明書に対応できず、接続できなくなります。

ご利用のアプリケーションと皆様のエンドユーザー様のクライアントがアップデートしたSSL証明書で通信が可能か確認できるテスト用APIエンドポイントを 「api.twilio.com:8443」にご用意しております。通常使うポート番号 443ではなく、8443 であることにご留意ください。テストの際は、各クライアント側の通信環境にて、api.twilio.com の443番宛通信を、ポートフォワード等で 8443番に向くように設定してください。

このテスト用APIエンドポイントは、本番用APIエンドポイント(ポート443番) のSSL証明書が切り替わるタイミングまでご利用いただけます。

ご不明点が御座いましたら、「技術的なお問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

この記事をシェア


すべての記事へ