お知らせ りらいあコミュニケーションズ株式会社 x LOHACO(運営:アスクル株式会社)RFP応募締め切り延長のお知らせ

2018.09.04

2018年9月21日(金)に開催される「Smart Communication Award 2018」内、公開アイデアソンのりらいあコミュニケーションズ株式会社とLOHACO(運営:アスクル株式会社)の課題に対する提案の応募締め切りを延長いたしました。
課題の詳細は→こちらをご確認ください。

りらいあコミュニケーションズ株式会社 x LOHACO(運営:アスクル株式会社)のRFPに関する変更点


・応募期間

8月8日(水) ~ 9月10日(月)正午



・通過者連絡

9月10日(月) ~ 9月12日(水)頃




Smart Communication Award 2018 とは

KDDIウェブコミュニケーションズが年次で主催をしているTwilioのイベントです。Twilioを活用したサービスの事業化促進を目的としています。 過去のイベントでは、ハッカソンやビジネスコンテストを開催し、応募のあったTwilioを用いた新規サービスの中から審査をし、事業化に向けた支援を行ってきました。実際に、受賞作品は世の中に広く提供され、事業として成長を続けています。(過去のイベントの様子は こちら

公開アイデアソンとは

課題を抱える企業様とシステム開発会社様とのマッチングを目的としたビジネスコンテストです。今回は、神戸市消防局様とりらいあコミュニケーションズ株式会社様から、コミュニケーションに関する課題が集まりました。この課題に対して、Twilioを活用したソリューションをご提案できる企業様を募集します。

りらいあコミュニケーションズ株式会社 x LOHACO(運営:アスクル株式会社)の課題について


バーチャルエージェント(AIチャットボット)の音声対応で、 これまでに無い顧客体験を実現したい




SNSを始め、コミュニケーションのデジタル化が日々進んでおりますが、ユーザの世代や利用シーン、環境に応じて最適なチャネルは異なります。様々なコミュニケーションチャネルとAIやチャットボットの技術連携を実現することで、新しいコミュニケーションの世界を創り出したいと考えています。



今回のRFPには、LOHACO様(運営:アスクル株式会社)にご協力をいただいております。同社ではバーチャルエージェントを既にご導入いただいており、電話・メールの問い合わせ削減、顧客体験の高度化を実現しておりますが、冒頭に記載の通り全てのユーザにとってチャットでの問い合わせが便利であるとは言えません。累計500万人の様々な年代層のお客様を対象に展開されている同サービスに対し、スマートスピーカや電話等の音声チャネルとAI・チャットボットを組み合わせた新しい顧客体験のご提案をお願いいたします。




詳細・ご応募は こちら

この記事をシェア


すべての記事へ