お知らせ 電話番号取得に際して住所入力が必須になる国のご案内

2018.08.10

平素はTwilio for KDDI Web Communications をご利用いただきありがとうございます。 Twilio社より表題の案内が通知されましたので、抄訳でご案内いたします。

日本時間 2018/9/18 (太平洋夏時間 -PDT- 2018/9/17) より下記に挙げる国の電話番号取得に際し、管理コンソールに住所入力が必須となります。既にこれらの国の電話番号をお持ちの方は引き続きそのままご利用いただけますが、先々住所入力が必須になる予定です。また、先々は Local Address (現地住所) が必須となっているタイプの電話番号について、住所認証を導入する予定です。これは、各国の各種レギュレーションを遵守し、お客様がご利用の電話番号を守るためです。

下表「必須住所」が「Local」についてはその電話番号が所属する国の住所が、「Any」については電話番号が所属する国を含めて世界どの住所でも構わないものです。

タイプ 必須住所
フランス Mobile Local
アイルランド National Local
アイルランド Mobile Any
メキシコ Local Local
オランダ National Local
ポーランド Local Local
オーストラリア Mobile, Toll-free Any
ベルギー Mobile, National Any
チリ Local Any
フィンランド National Any
マレーシア Mobile Any
ノルウェー Mobile Any
南アフリカ Mobile, National Any
イギリス Local, National Any

住所の入力・アップデートは、管理コンソール または REST API経由で行えます。方法は →こちら(英語記事) をご参照ください。

■既に住所は入力済みで上記に該当する国の電話番号を取得予定の方

2つのシナリオが考えられます。

  1. 必須住所が Any に該当する電話番号をこれから取得する場合、既に入力されている住所がValidatedになっていなくても(認証済みではなくても)、この住所を利用できます。認証済みか否かは、管理コンソールの住所欄に表示されている Yes /  No で確認できます。

2.  必須住所が Local に該当する電話番号が所属する国の住所を既に入力済みで、その国の電話番号をこれから取得する場合(例: アイルランドの住所を入力済みで、これからアイルランドの National 番号を取得する場合)、この入力済みの住所が認証されれば入力済みの住所を使って当該番号を取得できます。認証がまだの場合、先に住所の認証を行う必要があります。住所の認証については →こちらのFAQ(英語記事) を参照してください。

■既に上記に該当する国の電話番号をご利用中の方

今回の変更で直ちに影響することはございませんが、前述の通り各国の電話レギュレーションを遵守するための変更になりますので、先々の情勢次第では必須住所がない電話番号の利用をTwilio社が予告なく停止することもございます。早めにご利用中の電話番号が住所入力要件に該当する・しないの確認と、する場合には必須となる住所の入力を行っていただくことを強くお勧めします。この確認作業の概要については →こちらのFAQ(英語記事) を参照してください。

この記事をシェア


すべての記事へ