お知らせ 【重要なお知らせ】Twilio Video JavaScript SDK: Firefox 68 (2019/7/9) の仕様変更について

2019.06.14

Firefox 68ではTwilio Video JS SDKバージョン1.18.0以下、または2.0.0-beta9以下で作成されたアプリケーションが正しく機能しなくなる内容の変更が導入される見込みです。

Firefox 68利用者は、他の利用者が作成した Peer to Peer およびグループルームのメディアトラックを発行できなくなります。

ChromeおよびSafariではこの影響を受けず、Firefox 68の参加者がいる部屋でもメディアトラックの発行が可能です。

いつまでに対応が必要ですか?

Firefox 68は現在ベータ版で、2019年7月9日にリリース予定です。Firefoxユーザーへの影響を避けるために、できるだけ早くSDKをアップグレードすることをお勧めします。

アプリケーションは影響を受けますか?

下記のTwilio Video JavaScript SDKバージョンを使用している場合、Firefox 68以降で利用するアプリケーションが影響を受けます。

Twilio Programmable Video SDK 影響を受けるバージョン 変更するバージョン
Video Javascript SDK 1.x  1.18.0以下  1.18.1以上
Video Javascript SDK 2.x 2.0.0-beta9以下 2.0.0-beta10 以上

1.x バージョンのみですが CDN で Twilio Video JavaScript ライブラリを利用している場合、自動的に最新バージョンが適用されます。そのため本影響を受けることはありません。

アプリケーションをアップグレードする方法

CDN や npm を利用して特定バージョンの Twilio Video JavaScript ライブラリを利用している場合は、最新バージョンの Twilio Video JavaScript にアップグレードをし、アプリケーションを再デプロイする必要があります。

CDNをご利用の場合、下記から最新のURLをご利用ください。

  • 1.x: https://media.twiliocdn.com/sdk/js/video/releases/1.18.1/twilio-video.min.js or http://media.twiliocdn.com/sdk/js/video/v1/twilio-video.min.js
  • 2.x: https://media.twiliocdn.com/sdk/js/video/releases/2.0.0-beta10/twilio-video.min.js

npm をご利用の場合、下記コマンドでライブラリをアップデートをしてください。

  • 1.x: npm install twilio-video@1.18.1
  • 2.x: npm install twilio-video@2.0.0-beta10

もし 1.x から 2.x にアップグレードする場合は移行ガイドを参照してください。

https://jp.twilio.com/docs/video/migrating-1x-2x

この記事をシェア

すべての記事へ